無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

最終日「クイズの答え」
ピッピッ
目覚まし時計が響く病室
今日か
はぁー
コンコン
あきと
はーい
早いなぁくるの
少女
少女
ハァハァ
は?
あきと
黒団子?!
少女
少女
これ!交換日記!
渡された交換日記
少女
少女
それと
ガサガサ
少女
少女
はい
あきと
これは?
少女
少女
小学校の卒業アルバム
卒業アルバム
ページを開くそこには僕の名前や他の子の名前 写真 作文 と懐かしい物が書いてある
ん?どうして僕の学校なんだ?
少女
少女
やっぱり気づいてくれないだ
少女
少女
今の私にはあきとくんしか居ないんだよ
黒団子?
少女
少女
ピアノの習い事とか嘘ついてごめんね
本当はね違うの
少女
少女
わたしねあきとくん以外は私の存在に気づいてくれなくて
少女
少女
病院の人も学校のみんなも習い事の先生もお店の店員さんも
誰も誰も私の存在がまるで居ないみたいに
でもね大切なあきとくんは私を見つけてくれた
少女
少女
嬉しかったうれしかったのに名前は忘れてて
教えるよりあきとくんから呼んでほしいなって思ってなんとなくクイズにしたの
バカだよねもう私の事覚えてない人に向かって名前を呼んでほしいとか
あきと
でも時間はまだあるよ、、、
なのになんでそんなに必死
少女
少女
時間が無いからだよ!
あきと
、、
少女
少女
昨日たまたま歩いてたら医者とあきとくんの声がしたの
あきと
!?
少女
少女
手術って何?死ぬって何?
少女
少女
どうして言ってくれ無かったの?
あきと
心配されるのが嫌だったから
少女
少女
遅く聞いたほうが心配するよ
少女
少女
死んだら私どうしたらいいの?
あきと
、、それは
少女
少女
あきとくんが居ないこの世界で誰も私を見つけてくれない世界で
あきと
それはごめんな
少女
少女
あきとくん?
あきと
しょうがなかったんだよ
お医者さんが進めてきたから
少女
少女
すすめてキタ?
あきと
そう
少女
少女
あきとくんから言ったんじゃなくて
あきと
そうだよ
少女
少女
ならまだ良いよ
少女
少女
でも本当に死んだら私
あきと
大丈夫
少女
少女
なんか今日のあきとくん昔みたい、
嬉しぃ
少女
少女
優しくていつも私のこと助けてくれて
コンコン
医者
医者
入るぞ
少女
少女
あきと
医者
医者
起きてたか
あきと
おはようございます
医者
医者
準備はいいな?
あきと
え、あ はい
少女
少女
あきとくん
あきと
大丈夫だよ
医者
医者
なんか言ったか?
あきと
なんでもないです
医者
医者
その本は?
あきと
これですか?小学校の卒業アルバムです
医者
医者
へぇー
医者
医者
忘れ物は無いな
あきと
多分無いです
医者
医者
じゃあ行くか
あきと
はい
その時窓から強い風が吹き僕が持ってる卒業アルバムのページが勢い良く風に吹かれページがめくれる
止まったページを見て目にしたのは、、
あきと
ごめんなさい忘れ物が
医者
医者
そうか
あきと
ふぅーー
あきと
黒音 春華   ハルちゃん
医者
医者
少女
少女
え?
少女
少女
あきとくん、、
少女
少女
へへ
少女
少女
やっと呼んでくれた正解だよ
ありがとう!
そしてまた風が吹くもう1度振り向いた時にはもう黒団子という名の黒音春華は居なかった
どこか行ってしまったのか
また会えたらいいな
医者
医者
あきとくん
黒音春華を知ってるのか?
あきと
え?知ってるんですか?僕の友達で
今そこに居て
医者
医者
居る?なにを言ってるんだ
あきと
だから
医者
医者
あの子は何年か前に死んでる
あきと
え?
死んでるって、じゃあさっきの子は
手術が終わり無事成功し自由に体を動かせるようになった
僕は走った確かめるために
ハルちゃんが本当にこの世には
戸籍を調べたたしかにそこには
ハルちゃんは死として認められていた
あきと
ハルちゃんと出会えた短い時間
これは神様がくれた奇跡だったのかな
少年と少女のちょっとした奇跡の物語は終わるのだった
   お      わ     り
           完