無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第40話

君の瞳



@帰り道

亜蘭:楽しかった~

翔也:ならよかった

亜蘭:でもいつおそろいきるの?

翔也:明日は?

亜蘭:明日?

パシャ


いろいろ話していたら亜蘭が突然振り返った


翔也:どうしたの?

亜蘭:なんか今シャッター音しなかった?

翔也:そう?聞き間違いじゃない?

亜蘭:そうだといいけど。

翔也:考えすぎだよ❗

亜蘭:そうだよね。


亜蘭と話していると、家につくのがあっという間でもう、着いてしまった。でも、やっぱり気がかりなのは亜蘭がしたっていうシャッター音。亜蘭を不安な気持ちにさせないように考えすぎだよ❗何て言ったけど、やっぱり心配だ。このとき、本当に予想が的中するとは思っても見なかった。