無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

君の心



@楽屋
やっとリハーサルも終わって、楽屋で待っているときだった
ガチャ

拓実:亜蘭、じゃない

奨:あの、どちら様ですか?


知らない女の人が入ってきた


女:私?私は、JO1を自分のものにしたい
  オラッ


そういってナイフを振り回し始めた。諒真もいない、亜蘭もいない。でも女1人に男11人協力すれば勝てる。そう思っているがやっぱりナイフは怖い。そんなこと考えてたら、女は碧海に狙いを定めたのか碧海のほうに走っていった。


拓実:危ない❗


でも碧海にナイフが当たることはなく、そのナイフは諒真が受け止めていた


諒真:遅くなってすいません。


そんなこんなでこの事件も解決。歌収録も終わったので帰りの準備をしていたら、いつの間にか亜蘭も楽屋にいた。


亜蘭:今日は騒がしかったね

拓実:大丈夫なん?

亜蘭:ああ。でも私はこんなことが連続で起こってあなたたちの精神状態の方
   が心配だわ

碧海:俺たちなら大丈夫だよ

亜蘭:ならよかった


明日からオフだしゆっくり休もう