無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

君の仕事



@today
昼過ぎごろ亜蘭さんたちが荷物をまとめてやって来た
ピーンポーン

奨:はーい、久しぶり亜蘭さんあがって

亜蘭:お邪魔します

諒真:お邪魔します

亜蘭:ところで皆さんどんなお仕事してらっしゃるんですか?

奨:翔也から聞いてない?アイドルだよ。

亜蘭:ごめんなさい、知らなくて

奨:ううん、しょうがないよ。はいリビングついた。

亜蘭諒真:ありがとうございます

奨:はい聞いて❗今日から住み込みで働いてくれるボディーガード

亜蘭:亜蘭です。あとこっちは諒真。よろしくお願いします

蓮:えっ⁉女の子?


そう蓮君が言った瞬間僕たちの横を風が切った