無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

君の気持ち



@職場
収録も終わってマネさんに亜蘭さんのことを話してみることにした

翔也:あの、かくかくしかじか。なので、亜蘭さんをJO1houseに住まわせる
   ことはできないですか?

碧海:僕からもお願いします

マネ:うーん、じゃあ明日さ亜蘭さんに合わせてよ

翔也:分かりました


@hospital
仕事も終わったのでもう一回病室に行って亜蘭さんに報告することにした

翔也:亜蘭さん明日うちのマネージャーにあってるれない?

亜蘭:分かりました、でも、諒真と離れるわけには。

翔也:そう言うと思って外出許可取っておきました。

亜蘭:ありがとうございます。でも本当にいいんですか?
   多分ご迷惑しかかけないかと、

翔也:いいんです❗少しは頼ってください。

亜蘭:じゃあお言葉に甘えて

諒真:やったー。久しぶりの外出❗


そう言って少し亜蘭さんと諒真君としゃべって、明日迎えに来ることも約束して帰った。