無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第39話

君の思い出



翔也said
今日はデートが楽しみすぎて眠れなかった。どんな格好で行こうかな?亜蘭はどんな格好で来るかな?何て考えていたら寝る暇がなかった。考えていたら朝が来て今準備をしています。そして集合時間に集合場所で待っていると、

亜蘭:ごめん、待ったよね?

翔也:待ってないよ

亜蘭:ならよかった。

翔也:じゃあ行こっか

亜蘭:うん


@ショッピングモール
翔也:あのさ亜蘭とおそろ買いたいんだけど、

亜蘭:いいよ、なにかう?

翔也:思いきって服とか?

亜蘭:えぇー恥ずかしいよ

翔也:俺亜蘭とだったら恥ずかしくないかな

亜蘭:そこまで言うなら

翔也:やったー



翔也:もう疲れたし帰ろっか?

亜蘭:そうだね、皆も待ってるだろうから


まだ知らなかったこのあとまた問題が起きるなんて