第49話

🩷❤️口の中
202
2023/04/13 08:27


主
主
その後☆
主
主
久々...?にちょっとえっちかも




モトキ視点











ダホちゃんが帰った後、暫くは3人でオールルーを食べながら談笑してた





もとき
いや〜まじ何味でも無いよねw美味しいけど
ザカオ
そうなんだよw味分っかんないんだよねww美味しいけど


俺たちが仲良く話す中、飽きてしまったのかリビングの地面に寝転がり


編集を始めているシルクの姿が目に入る


















もとき
シルクー?食べないの?
シルク
主食インフルエンザだから

もとき
…wまだ言ってるw






ザカオ
...じゃあ俺も帰ろっかな、用事あるし
もとき
あ、そうなの?ばいばーい
ザカオ
おん!じゃあなー










扉の閉まる音


もぐもぐと咀嚼していた口の中の物を飲み込み、シルクの隣に行く







もとき
...


そっとパソコンを覗くと、


俺の変顔がドアップになっていた




もとき
はっ!?
シルク
うお、びっくりした
もとき
へ、編集してんじゃないの!?
シルク
あーちょっと休憩
もとき
...えぇ




そう言い、また俺の変顔が写ったパソコンに目を向ける
シルク
...



もとき
...
もとき
...集中切れてるなら、編集しても上手く行かないだけだと思うよ






昔ならツッコんでいただろうか、


否、きっと今と同じように呆れてると思う...




シルク
...んー、そうだなぁ
もとき
一応マサイの家なんだから、


撮影部屋として貸して貰ってるけれど
マサイの家、ということには変わりない。長居し過ぎたら流石に悪い


撮影してるのならまだしも...








シルク
...じゃあ帰るか、モトキ




もとき
...あ、俺も?w
シルク
もっちろん。




大きく頷き、否定する言葉を出させて貰えない様な立ち振る舞いに


思わず笑みがこぼれる







シルク
マサイー帰るわー!


マサイ
おーん!
もとき
...wおーんって


相変わらず独特な返事に苦笑しつつ、マサイの家を後にした





















もとき
あ、俺の家来るの
シルク
もっちろん。
もとき
wwさっき見たなぁその返事w



るんるんと家に入り、此方の様子を気にした素振りは見せず部屋に進む
仕方なく後をついて行く








シルク
ベットぉー


ぼすんと勢い良く倒れ込み、


まるでマーキングするかのようにして体を布団に擦り付ける
もとき
人の寝床なんだけどw

シルク
...モトキのにおい。
シルク
...




ぎゅぅっと布団を握り締め、潜り込む
そこから覗くシルクの柔らかい、溢れた笑み




もとき
...っ
シルク
ん...



眠たそうにとろんと蕩けた瞳



傍で見ていたが、そんなシルクに欲を煽られる





シルク
おいでー





もとき
言われなくても、
シルク
んえっ







もとき
行くつもりだよ




ごろごろと寝そべるシルクを、ベットに座った自分の足の上に乗せる










もとき
シルクの顔下から見るの好きなんだよね
シルク
...っ//




上に跨る様に乗せたシルクの顔を、下から覗き込む様にしてじっと見つめる
シルク
...っ!//





逃げようとするシルクを、腰の当たりに手を回し


ぐい、と引き寄せる



もとき
逃げないの
シルク
逃げ...て、ねえし
もとき
よく言うよw


くすくすと笑いながら、後ろに回した手をシルクのズボンにかける
シルク
え、はっ?
もとき
下だけ脱がすね


シルク
...っ///
もとき
...ふ、もうちょっと勃ってるじゃん







シルク
お前...、だって...//
もとき
そりゃあね




相変わらず強がるシルクが可愛くて、いつも意地悪してしまう





もとき
...
もとき
ねーね、シルク?
シルク
...何だよ
もとき
ちょっとこっち向いてよ
シルク
...








真っ赤な耳だけが見えるのも、それはそれで可愛いけど、顔も見たい


シルク
...っ///



おずおず伏し目がちにこちらに顔を向け、


これで満足かといわんばかりに無言の圧を掛けられる



もとき
...ふふ
シルク
んっ!?


くちゅ、という音を立てて指をシルクの口の中に挿れる





シルク
ん"



苦しいのか両手で俺の肩を押す


だけど力が入らないのか 普段のシルクには考えつかない程弱々しい
もとき
...




それでも必死に力を込めて逃げようとするから


腰に回していた左手をシルクの後頭部に持って行き
ぐっ、と抑え、指を更に激しく掻き回す
シルク
ん"ぅ...ッ!!!///



もとき
...
もとき
俺さぁ...前から見てみたかったんだよね
シルク
ぁ...ッう"...ッ?///




















もとき
口だけでシルクがイくとこ






次第に目に涙を浮かべ、苦しそうに息を荒らげる

はあはあと息を荒げ、蕩けた瞳を浮かべながらも、まだ嫌だと反抗する





もとき
も〜、下咥える時よりラクでしょ?
もとき
…もう一本入れるね







締まりが無く、ふるふると震えたシルクの口にもう一本、


指を咥えさせる











シルク
う“…ッん…ぁ…ッ///



つう、とシルクの口から垂れる唾液を横目に、


くちゅくちゅとかき乱していただけの指を今度は上顎を優しく撫でるように、する、となぞる
シルク
〜ッ⁉︎///
もとき
...ふは、きもちい?




面白いほど跳ねるシルクに身体


次は指を舌根から舌尖までゆったりと横側をくすぐるように這わせる






シルク
〜ッッ"!!
もとき
シルクって口の中弱いもんね





もとき
...イきそう?
シルク
ッ"...〜ッ...!///




口に指入れられただけで、こんなにどろっどろになれる人そうそう居ないと思う
そう思う位にシルクは目が完全に焦点が合わず、口からは甘い嬌声が盛れ出している







もとき
...シルク、腰めっちゃ揺れてる
シルク
ぁ"...ッう...♡
もとき
...




もとき
1回イこっか
シルク
...ッ、ぇ...?///




緩く、慣れない刺激になかなかイけないのかずっと腰をぐりぐりと押し付けてくるシルク
そんなシルクの口から指を抜く


外気に晒されたシルクの口は息で震え、舌が外に出てしまっている








もとき
...っ



そして間を空けず、今度は口を口で塞ぐ






シルク
...ん"、〜ッ!!///




容赦なくシルクの口内を虐めてやる
舌先から付け根まで舌を絡ませ、歯茎を舌で擦る様にして舌を動かす



シルク
ん"ッ...う"ぅ...ッ///
もとき
は...、っん



限界が近いのか震える身体


いつの間にか回されていたシルクの腕が身体を強く抱きしめる




もとき
...っん
シルク
...ッん"ん...〜ッッ!!///



キツそうに震えるシルクの舌を、優しく歯で噛みなぞる



シルクの舌のぞりぞり、という感覚が伝わり、同時に


温かくなる下半身





シルク
...ッ、あ...ッふ...///
もとき
...イけた?
シルク
...っ、るさ、ぃ...ッ///
もとき
足震えちゃってんじゃんw

もとき
...可愛かったよ?こんなに指びしょびしょにして



再びシルクの腰に手を回し、シルクの唾液によってびしょびしょになった指を見せる





シルク
それ、ッは...お前が勝手、に...ッ!?///
もとき
んー?

シルク
あ"...ッ、やめッ///





必死に抵抗するシルク


必死になってる姿が可愛くて、話している途中にシルクの穴をするっと濡れた指で触る








もとき
...ひくひくしてるよ
シルク
だま...ッ、れ...ッ//
もとき
口悪いなあ







シルクの液で濡れた服をシルクにくっ付け、背中に腕を回して優しく抱き締める






もとき
...続き、してもいい?


びくっと跳ねるシルクの身体


トーンを落とした、シルクの好きな声で囁いてみる







シルク
...ッ//はや、く...///




応じるように、俺の後ろに回されていた腕に少し力が入る










もとき
...ありがとう





熱と期待の混じる瞳を向け、また緩く勃っているシルクが目に入る



夜は長くなるな、とシルクにまたキスをしながら思った。
















主
主
良さそうな所で切っときまーす
主
主
続き見たいですかね...(遅くなるかもやけど)

アンケート

続きについて!
見たい!
92%
見たくない
8%
投票数: 38票

プリ小説オーディオドラマ