無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

4,591
2018/03/30

第2話

撮影に来たあいつら。
マサイ
え...?w
自分の頬をつねってみる。
マサイ
痛い....
俺は自分の頬をつねってみる。
それに鏡に映ってる女の子と動作が同じだし....


俺....


女になったのか...?
視線を落としてみる。

....結構デカいな。//
ってそんなこと言ってる場合じゃねぇ。
どーする。メンバーに言うか?
.....迷惑かけるし...言わなくていっか。
......あ、今日の撮影俺ん家だった....
マサイ
どーしよ....w
今まで気づかなかったけど声高。w
...じゃなくてどーしよ....
えっと、今10時だろ?あいつら来るのは....
10時30分....
マサイ
ヤバい...真面目にどーしよ....w
でもまだ30分ある。ポジティブに考えたら30分あるから大丈夫....
あいつらが早めに来ない限りは大丈((ピンポ-ン♪♪
来やがった.... :(´◦ω◦`):
どうする....あ、隠れるるか..?
でも見つかった時に絶対ストーカーだと思われるか.....
ピンポ-ン♪♪
ドンドン
⬆玄関のドア叩く音
シルク
マサーイ?
ヤバい....
ンダホ
いないの~?
ダーマ
おーい。寒いから開けろやー。
...よし。居留守を使おう。
モトキ
あ、昨日の夜マサイから合鍵貰ったんだった。
シルク
あ。んじゃ、それ使って入ろうぜ。
昨日の俺....恨むぞ...
ガチャッ
⬆鍵が開く音
ンダホ
おじゃましまーすっ!
ダーマ
スマブラしようぜぇ。
モトキ
マサ~イ?ホントにいないのかな?
シルク
んー....w
ヤバい....あいつらが近づいて来る...
どうしたら....(°°;))。。オロオロッ。。・・((; °°)
ガチャッ
⬆ドアの開く音
終わった....
シルク
お前....誰..?
シルクが睨んでくる。
ンダホ
え?だ、誰?この子....💦
ダホはシルクの後ろに隠れる。
ダーマ
!?え、なに?マサイの彼女?
ダーマ..俺彼女いないよ....
モトキ
えっと...彼女..さん?
シルク
いや、彼女ではない。だって昨日の夜マサイが言ってただろ?彼女いないって。
モトキ
あ、そっか....
ダーマ
じゃぁ、マサイのストーカー?
シルク
その可能性が高i....ってマサイの服着てる...
ンダホ
ホントだ...マサイのパジャマ着てる....
ダーマ
ホントにマサイ好きだな。w
と言ってダーマが俺の頬をつねる。
マサイ
いひゃい....
(痛い)
シルク
....警察呼ぶか。
シルクがスマホをとりだす。
モトキ
いや、待って。
シルク
モトキ
もし、マサイのストーカーなら。なんで逃げ出さないの?
ンダホ
確かに....
シルク
確かに。
ダーマ
柔らけー。
マサイ
いひゃいんらけど....
(痛いんだけど)
ンダホ
じゃぁ...やっぱり彼女..?
モトキ
ん~.....
マサイ
らーまほっぺはにゃして....
(ダーマほっぺ離して)
ダーマ
あ、俺のこと知ってんの?
ダーマは俺の頬で遊ぶのをやめた。
シルク
ね、名前は?
マサイ
マサイ...
モトキ
いや、好きな人の名前じゃなくて、自分の名前!w
マサイ
自分の名前がマサイ....
ンダホ
...ホントにマサイ..?
マサイ
おぅ...
シ、モ、ン、ダ
………………
マサイ
ホントだぜ..?
シルク
....信じていいんだな..?
マサイ
コクッ...
俺はうなずいた。
モトキ
なんで女の子になったのか...心当たりない?
マサイ
ない....
ンダホ
朝起きたら女の子になってたの..?
マサイ
コクッ...
シルク
....てかさ~...
モトキ
ん?
ンダホ
ダーマ
んー?
マサイ
シルク
真面目に可愛い。俺のタイプどストライクなんだけど。
モトキ
あ、それね。俺も可愛いって思ってた。
ダーマ
俺もー。
ンダホ
確かに...可愛いけど....中身はマサイなんでしょ..?
シルク
....まぁな。w
モトキ
ww
ダーマ
マサイ今日撮影どーすんの?視聴者さんに言うの?女体化したって。
マサイ
元に戻るまで....動画には出ないでおこうかな...
シルク
じゃぁ、編集とかしといてー。
マサイ
わかった。
✄--------------- キ リ ト リ ---------------✄
どもです。(๑–̀ω–́๑)
いやー。マサイくん女体化してしまいましたよ。(  '-'   )
大変ですねぇ....(´^ω^`)
マサイ
お前が俺を女体化したんだろ!w
なんのことですかぁ?( •´∀•` )
マサイ
うっざ....
まぁ、次回もお楽しみに~!
......誰とくっつけようか....悩む。(  '-'   )