無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

1‐1
『殺せんせー、約束、守れなかった』







私は椚ヶ丘中学校の裏山の崖っぷちに立っている。






椚ヶ丘中学校の制服に対先生ナイフなどの攻撃道具を身に着けている。私は色々なことを思い出した。死ぬ前の走馬灯みたいだった。






『綺麗な記憶のままがいい...』



すると、首裏からニュルニュルと触手が生えてきた。



私は殺せんせーの触手の破片が運悪く口の中に入ってしまい、私は殺せんせーの善い所だけを引き継いだ。でも、マッハ10の速さで対先生BB弾とかが効かない、少しだけ殺せんせーとは違う。






そこが、なぜか、悔しかった。









『ごめんね、ありがとう、楽しかったよ』








私は体を前に傾けて、私は空を翔んだ。




















...嗚呼...これで...死ねる......。




















私は酷い痛みが来て、目を閉じた。






































そして、意識を手放した。