無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,484
2019/10/31

第3話

はだかの王様と嘘吐き執事
烏丸 花穎
烏丸 花穎
僕が主人だ!
花穎は声高らかに宣言して、唇の端を不敵に引き上げた。
聞く者のいない声が、寝室の白い天井に反響する。
突き出した両の腕に血液が巡り、拳がじわりと熱を帯びる。
裸足の下には、起き抜けのベッドがまだ温もりを持っていて、夢とうつつの世界をかすかに繋ぎ止めていたが、それもすぐに冷め、彼に眠りから覚めた実感を伴わせた。
烏丸 花穎
烏丸 花穎
寒い
春の早朝はまだ冬の領域だ。
隙あらば体温を奪いにかかる。
骨の髄まで冷やす真冬の寒気に比べれば手緩てぬるいが、それでもパジャマ一枚でいれば充分に風邪を引ける寒さだった。
花穎は、めくれた掛け布団に腰まで潜り込ませて、室内を見回した。
✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼
ページ 一枚づつ出切っていきたいと思います。もちろん、ちゃんとオリジナルで作っていくので楽しみにしていてください