無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

4
2021/02/18

第3話

見てね
これは個人のお話になるかと思いますが
見ていただけると光栄です。
初めて人の恐怖ってものを知らされた…
この日が来るまでは普通に話していた日々が
このような形に終わるなんて思いもしなかった
普通に会話したり仲良くしていたあの頃の
ように戻る事はない。
いつものメンバー達とお話していた日々
何事もなかったのに
ある一人のせいでメンバー達まで巻き込む
事になるなんて…恐怖が続く毎日が怖い
助けて…思って願うしかないってずっと
思って
私が狙われて続けるの⁉️そんな嫌って
心に叫び続けるしか方法がないからだ!
逃げる場所探しながら戸惑った日々
でもあるメンバーの言葉が心に響く
「私があなたを拡散なんてさせないから」
「俺もあなたをあの人から守るから」
「離れないよ😊」
「そばにいるから」
「そんな事絶対にさせない!」
って凄いでよね仲間って…
私とずっと一緒にいた人も狙われて
いたからです
その人に謝りきれないかもって
思っていいだけなくなる…


母親になろうとしたきっかけ
この場所であった人なんだから
子供もいない人がよく出来るよねって
やばくないって思われたって
最低なクズやろうと思われたって
嫌われようが構わない!
見守ってやりたいって心から
思うから不安なら支えてあって
生きれば良い失敗してたって良いさ
失敗した分だから乗り越えてられる
一番駄目なのはやってないうちから
出来ないって決めつける事
出来ない子なんていないんだから
やろうと言う気持ちが大事!
やれば出来る子だと信じている