無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

4
2021/02/18

第4話

(1)
あの時みたいに明るかった日々に戻りたくなることばかりって考えてしまう
あの人に会っていなかったらもうここには
居なかったかもしれないって自分の心に
言い聞かせてた毎日のように
ずっと仲間って?メンバーって?何?
その疑問だけがずっと思うようになる
なんせ私はずっと1人で居た頃方が多いからだ
友達できても裏切られた酷いいじめまであったからだ居場所なんてずっとなかった日々が
嫌になるほど続くのだから
裏切られた友に言われた言葉が
ここから飛び降りたらお前と友達になるわけ
ないじゃん!って明日店まで○万円を一人で持ってこいよ誰にも言わずにな
って言われ従うしかなかった…怖い…でも
しなかったどうなるのかなって…
卒業まで恐怖しかないって思った
心にもない指示にしたがないといけないってね
----------------------------------------------------------------
2017年10月から信頼できる人出来たこと
安心して相談とかも話せて
優しく接してくださる方々に会えた事に
感謝しかありません
私は一緒に居てもらっているだけで
こんなに安心した事が今までなかった
不安だらけの日々だったのに…
いつのまにかそんな事なかったかの
ように思わせて下さいました。
皆様に言いたい事があります
ずっと側に居てくれたり優しく接して
下さって本当にありがとうございました。
これからも仲間を信じて行こうと思います