無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第31話

🍓
you
you
えっ、でも私重いし…
❤️『大丈夫だよ。おいで』
動こうとした時、目の前がクラッとした
you
you
ハァ…ハァ…
❤️『あなた⁉︎大丈夫⁉︎』
you
you
息が出来ないの…助け…て…
❤️『もう少し待ってて、あと少しで観覧車降りれるから!』
❤️『呼吸器持ってないの⁉︎』
you
you
う…ん…


その瞬間、私の意識は無くなった____






next