無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第50話

🍓
翌日
💜『ねぇあなた、ベッドどれが良い?』
you
you
ん〜…なるべく白いベッドが良いな






あ、これ可愛い!










うっ…10万…








諦めよ…









💜『あれ欲しいの?』
you
you
あ、違う…高いな〜って思ってただけ
💜『欲しいなら買ってあげるよ?』
you
you
でも、私お手伝いとか、テストで10番以内に入るとか全然してないよ?
💜『でも、戻って来てくれて嬉しいから』
you
you
そっか…じゃあ、これ欲しいです…!
💜『うん、良いよ』








嬉しい…










こんなに優しいお兄ちゃんで…










私ってやっぱり幸せ者だ____










next