無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第26話

🍓
握手会が終わった日の夜







どうしたら莉犬くんは私の事好きになってくれるかな〜






そんな事を考えていた







あ!









一緒に何処かに出かけるとかはどうだろう…勿論2人っきりで…













翌日
you
you
莉犬くん…入っても良いかな…?
❤️『良いよ〜!』
ガチャ





私は緊張気味でドアを開ける
you
you
あ、あのさ…
❤️『どした?』
you
you
明日、2人で何処かに出かけない?
〜莉犬side〜
あなたが俺の部屋に入って来るのは珍しい…






何だろう…
you
you
明日、2人で何処かに出かけない?
この時、俺は…












嬉しさで胸がいっぱいになった____









next