無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第38話

🍓
❤️『え…』
you
you
あ、違いましたか?すいません…気にしないd




ぎゅっ…
you
you
え…
❤️『そうだよっ、あなたのお兄ちゃんだよっ!』








名前は分かんない人に抱きしめられた。












この感覚、覚えてる。








確か、4年前…











新しい環境に慣れなくて、毎日泣いていた私に「大丈夫…」と優しい声で言いながらこうやって抱きしめられてた。












私はお母さんに抱きしめられた事が無かったからとても嬉しかった












何で、こんなに優しい人達の事忘れちゃったんだろう…何で会った事がないと冷たく言ってしまったんだろう…











本当に…ごめんなさい…






















you
you
ごめんなさい…
you
you
莉犬…くん…











next