無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第85話

悲劇
あんなことがあった後、ホテルに戻った。
さとみ
さとみ
ごめん…
さとみ
さとみ
せっかくの旅行だったのに…
(なまえ)
あなた
さとみくんは謝らないでよ、
さとみ
さとみ
テレビとか見てて、ゆっくりしてなよ
さとみ
さとみ
オレ、ジュース買ってくるから
(なまえ)
あなた
うん
テレビをつけると沖縄のニュース番組がやっていた。
沖縄のニュース番組はどんな感じなんだろうと気になって見ていると、
アナウンサー
速報です
アナウンサー
たった今、○○銀行で強盗がありました。
アナウンサー
えー、犯人は現在逃走中で刃物を所持しています。ですので、なるべく外出を避けるようにしてください…
○○銀行ってどこ?ここの近くとかかな?
怖いな…
さとみくんはどこにジュース買いに行ったんだろ…
まぁ、たぶん大丈夫だよね…
ドアが空いた音がした
さとみくん帰ってきたかな
振り返ると、




知らない男が包丁を持って立っていた。
私は悲鳴をあげるまもなく、男が持っていた包丁が私の体内に突き刺さる感覚を覚え、気を失った。