無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

お酒の魔法
さとみside
るぅと
るぅと
あなたーー!!
(なまえ)
あなた
ん?
るぅと
るぅと
るぅとくんわ!あなたのことが!
(なまえ)
あなた
るぅと
るぅと
すきだあぁ!
(なまえ)
あなた
えっ…?
ジェル
ジェル
え!?
莉犬
莉犬
るぅちゃん!?
ななもり
ななもり
え?なに?
ころん
ころん
るぅとくんそうだったのかぁ〜
るぅとの宣言でオレは一気に酔いが覚めた
告白!?
るぅとがあなたの横に移動してあなたの手を握る
るぅと
るぅと
かわいくて、優しくて、天然なとことか全部好きだよぉ
(なまえ)
あなた
ほんと?ありがとう
あなたは酔ってるだけだと思って、そのまま流してるけど、あれはガチや…男の勘がそう言っている!

あなたにデレているるぅとと少し照れているあなたの様子を見て、モヤモヤしてきたので
さとみ
さとみ
るぅと。くっつきすぎだ
ジェル
ジェル
そんなガチで言わんでええやんw
自分でもびっくりするくらい低い声がでて、ジェルにそう言われてしまった。
なんだこの気持ち、るぅとなんかにムカムカして…。本当は自分でもこの気持ちがどういうものか、どうしてこんな気持ちになるのかもわかっていたけど、まだ自分で認めたくなかった。
るぅと
るぅと
なんでですかぁ
るぅと
るぅと
さとみ先輩もあなたのこと好きならくっつけばいいじゃないですかぁ
るぅと
るぅと
僕がとっちゃいますよぉ
(なまえ)
あなた
もー、何いってんのw
でも、今のるぅとの言葉でオレは




自分の気持ちを認めた







オレはあなたが好きだ