無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第65話

翌朝
あなたside
頭がぼやぁ〜ってする…
(なまえ)
あなた
ふぁあ…
(なまえ)
あなた
!!
は、裸!?
昨日雨に濡れて、それから…

そのまま寝ちゃった!?
(なまえ)
あなた
髪キシキシだ…
さとみ
さとみ
ん…
(なまえ)
あなた
みっ見ないでね!
(なまえ)
あなた
服着るから!
さとみ
さとみ
ごめん…
さとみ
さとみ
昨日隅々まで見たけどね
(なまえ)
あなた
言わなくていいですっ!
さとみ
さとみ
ww
さとみ
さとみ
シャワーしてきな
(なまえ)
あなた
じゃあ、借ります…
さとみ
さとみ
うん。
____________________
(なまえ)
あなた
うわ…
首や胸にはキスマークがいくつかついていた。
正直、あまりその時の記憶がなくて、頭がぼやぼやしているので、不思議な感覚だ。
シャワーを浴びて、さとみくんから貸してもらっている服を着る
(なまえ)
あなた
シャワーありがとう
さとみ
さとみ
うん、
さとみ
さとみ
大丈夫?腰とか痛くない?
(なまえ)
あなた
うん、まだ大丈夫だよ
さとみくんが微笑んでこちらをじーーっと見つめてくる
(なまえ)
あなた
さとみ
さとみ
可愛かった
(なまえ)
あなた
言わないでよぉ…
さとみ
さとみ
フハw
さとみ
さとみ
服干してゲームしよっか、
(なまえ)
あなた
うん