無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第79話

クリスマス🎄
クリスマスが近づいてきた。
(なまえ)
あなた
さとみくん!クリスマスどうしよ!
さとみ
さとみ
ん〜…?こたつ出したし…
さとみ
さとみ
こうやってぬくぬくしてよ〜
(なまえ)
あなた
え〜…どっか行こうよ〜…
さとみ
さとみ
え〜、寒いし、どこ行っても混んでるよ。オレが美味い料理作るからさ
(なまえ)
あなた
お〜、それは楽しみ。
(なまえ)
あなた
でもイルミくらい見に行かない?
さとみ
さとみ
ま〜、まだ1週間あるからさ〜
(なまえ)
あなた
そうだねぇ…
さとみside
あなたはクリスマスどこか行きたそうだったけど、外にはカップルうじゃうじゃいるし、家で二人で過ごせればいいんだけど…
と、言っても、オレも何も考えていないわけではない。サプライズをころんと一緒に考えた。
2人だけの空間でこのサプライズを催したかったから、あなたの、どこか行きたいという誘いをなんとか交わし続け、とうとう当日の25日がやって来た。
さとみ
さとみ
あなた!もうすぐシチューできるよ
(なまえ)
あなた
ごめん!さとみくん!
(なまえ)
あなた
私、少し出かけてくる!
さとみ
さとみ
はっ!?ちょっ…!
オレの返事を待たずにあなたは出ていってしまった。まぁ、すぐ帰ってくるだろうと思って待ってたけど、とうとう20時を回ってしまった。
ころんにLINEを送った。
さとみ
さとみ
《あなたひとりで出かけて帰ってこないんだけど》
ころん
ころん
《え?なんかしたの?》
さとみ
さとみ
《してないけどな…》
ころん
ころん
《サプライズやれてないの?》
さとみ
さとみ
《うん》
ころん
ころん
《今から家行こうか?》
さとみ
さとみ
《いや、もう少し待つよ》
ケンカしてないし、絶対帰ってくるはずなんだけど…、オレが外出掛けないから、他の人と行っちゃったとか?
そしてとうとう21時になってもあなたは帰ってこなかった。何かあったんじゃないかって、心配したけど、戻ってこないあなたにイライラして何もしなかった。
あなたside
さとみくんと過ごす初めてのクリスマス
特別な思い出にしたい。プレゼントも気合を入れて選ぼうとしたけど、結局、当日の今日まで決まらなくて、家を飛び出してきてしまった。
悩みに悩んで家の前に着いたのは21時。
さとみくん…怒ってる…よね…
(なまえ)
あなた
ただい、ま…
リビングではさとみくんがお笑い番組を見ていた。
けれど、全く笑っていなかった。
さとみ
さとみ
おかえり
(なまえ)
あなた
ごめんなさい…さとみくん…
さとみ
さとみ
ううん、無事で良かったよ。じゃ、ご飯は置いてあるから、食べてね。オレは寝るから…
笑顔だけど、抑揚のない淡々と話すさとみくんは完全に怒っていた。当然だ
(なまえ)
あなた
待って!さとみくん!
(なまえ)
あなた
私が悪いのは分かってる…、けど、プレゼントだけ渡させてくれない?さっきまで一生懸命選んだの…
さとみ
さとみ
…ありがとう
さとみくんがガサゴソ袋を開ける
さとみ
さとみ
…指輪…?
(なまえ)
あなた
うん…、ペアリングなんだけど…
嬉しくない、よね…
さとみ
さとみ
ふふっ
(なまえ)
あなた
なんで笑うのっ!
さとみ
さとみ
オレもプレゼントあるんだ。
さとみ
さとみ
隣おいで
さとみ
さとみ
目をつぶって…
(なまえ)
あなた
うん…?
さとみ
さとみ
…いいよ。開けて
(なまえ)
あなた
うわぁ…可愛い。
指にはめられたのは可愛らしい指輪
さとみ
さとみ
こっちもペアリングなんだ
(なまえ)
あなた
え!そうなの?嬉しいな、
お揃いが2つ増えた!
さとみ
さとみ
本番も楽しみにしててね
(なまえ)
あなた
本番?
さとみ
さとみ
チュッ
(なまえ)
あなた
さとみ
さとみ
ご飯、食べる?
(なまえ)
あなた
食べたい…
さとみ
さとみ
うん、待ってて、温めるから