無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第38話

BBQ!
いよいよBBQがやってきました。
最近は全くさとみさんと話してなくて、移動中のバスの中もきゅんちゃんが陣取ってたからこれを機に普通に会話できるようにすることが目標!
ななもり
ななもり
景色きれいだね!
(なまえ)
あなた
そうですね!
今日は一日晴れだし、空気も気持ちいい
莉犬
莉犬
空気美味しい!
莉犬
莉犬
吸ってるだけで健康になれる気がする!
ころん
ころん
何だそれ笑
柏木きゅん
柏木きゅん
さとみさん!写真撮りますよぉー!
さとみ
さとみ
写真は苦手だから。
ホラ、準備の手伝いするよ
ななもり
ななもり
オレたちも行こうか
私はテントの鉄骨を運ぶことになりました
(重いな…)
柏木きゅん
柏木きゅん
手伝うよ!
(なまえ)
あなた
ありがとう…!
柏木きゅん
柏木きゅん
ねぇねぇ!今日さ!さとみさんとふたりきりになれる時間作れるように協力お願いね!
(なまえ)
あなた
んと、…
ころん
ころん
僕達がやってあげるよ!
ころん
ころん
あなたは忙しいからね
莉犬
莉犬
うん!全身全霊でお手伝いするよ!
柏木きゅん
柏木きゅん
ありがとう!
そして、楽しいBBQが始まった
るぅと
るぅと
もぐもぐ……
チャラ男
チャラ男
どーだ?
るぅと
るぅと
これ、スーパーで買ったお肉ですか?
チャラ男
チャラ男
え、そうだけど…
るぅと
るぅと
ふぅ〜ん
もぐもぐ…
ころん
ころん
普通に美味しいって言え!
ジェル
ジェル
はい!あなたちゃん!莉犬!お肉!
(なまえ)
あなた
ありがとうございます!
莉犬
莉犬
わーい!
ななもり
ななもり
ジェルくんお肉焼くの上手いね!
ジェル
ジェル
オレ、昔めっちゃお好み焼き焼いとったからな✨
莉犬
莉犬
…だからなんすか
ななもり
ななもり
ブッwww
莉犬
莉犬
なんか会話成り立ってないっすよ
ななもり
ななもり
まーまー、莉犬くん
ジェルくんは天然なんだよ〜笑
ジェル
ジェル
せやねん、おかんも天然やから、受け継がれてんねん
ななもり
ななもり
ダジャレ?
ジェル
ジェル
( ゚д゚)ハッ!
(なまえ)
あなた
やっぱ天然なんですねwww
さとみ
さとみ
ジェル、オレにも焼いてよ
ジェル
ジェル
お、いいよ〜
ジェルくんはお肉を焼きに、ななもりさんと莉犬くんは私とさとみさんがふたりきりになれるように離れてくれた
(なまえ)
あなた
さ、さとみさん
さとみ
さとみ
ん?
(なまえ)
あなた
あの、この間のは
柏木きゅん
柏木きゅん
さとみさーん!
柏木きゅん
柏木きゅん
ハイ、あ~ん!
さとみ
さとみ
ングっ!?
柏木きゅん
柏木きゅん
この人参甘くて美味しいですよ!
さとみ
さとみ
うん、確かにうまい
柏木きゅん
柏木きゅん
ですよね!
あー、また入られちゃった…
さとみ
さとみ
あなた?なんか言いたいこと…
(なまえ)
あなた
な、なんでもないです!失礼します!
私はななもりさんたちの方へむかった
るぅと
るぅと
手強いなぁ、柏木さん、
ころん
ころん
大丈夫!ボク達がタイミング作るからね!
(なまえ)
あなた
ありがとうございます…
そして、お腹いっぱいになるまで食べて片付けをはじめた。
柏木きゅん
柏木きゅん
あれ、ねぇさとみさん知りませんか?
るぅと
るぅと
僕たちが川上に誘導したので、今行けばふたりきりになれますよ!
ころん
ころん
はやく行ってきなって
柏木きゅん
柏木きゅん
ありがとうございます!
るぅとくんところんさんがいたずらっ子の笑みを浮かべて顔を見合わせた。
きゅんちゃんちゃんが川上へ行ってすぐさとみさんが来た
(なまえ)
あなた
あれ?川上に行ったんじゃないんですか?
さとみ
さとみ
え?普通にトイレ行ってただけだよ
あ!これがみんなが作ってくれたタイミング!
無駄にするわけにはいかない!
(なまえ)
あなた
あの!話があって…
ポツ、と顔に何かが当たった
さとみ
さとみ
…雨?
係長
係長
みんな急いでコテージに戻ってー!雨が降ってきた!
雨はどんどん勢いを増し大雨になった。
さとみ
さとみ
オレたちも戻ろう!