無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第82話

結婚式
さとみside
初めて着るホワイトのタキシード。

あと1時間で、式が始まる。
ころん
ころん
さとみくん、かっこい〜
莉犬
莉犬
いいですねぇ~
るぅと
るぅと
さとみ先輩
るぅと
るぅと
あなたのこと、絶対幸せにしてください
さとみ
さとみ
分かってる
ジェル
ジェル
おめでたいなぁ、さとちゃんが結婚なんて
ころん
ころん
1番遅いと思ってたよ
ななもり
ななもり
さとみくん
さとみ
さとみ
ん、
ななもり
ななもり
準備出来たみたいだから、行ってあげて
さとみ
さとみ
あ、ありがとう
オレは廊下を渡って、
 

花嫁のいる部屋のドアノブに手をかけた。
(なまえ)
あなた
花嫁がこちらを振り返る


しっかりヘアメイクもほどこされて、ほんのりピンクがかったドレスはあなたの美しさをより一層際立たせていた。
(なまえ)
あなた
さとみくん
さとみ
さとみ
あなた
(なまえ)
あなた
ど、どうかな、?
さとみ
さとみ
うん、似合ってる。
さとみ
さとみ
綺麗だよ
(なまえ)
あなた
エヘ、なんか照れる///
さとみ
さとみ
緊張してる?
(なまえ)
あなた
もちろん…
さとみ
さとみ
転ばないようにねw
(なまえ)
あなた
それ1番心配してる
さとみ
さとみ
ふっw
さとみ
さとみ
オレが支えに行くから安心してて
(なまえ)
あなた
うん、!
そして本番。
ヴァージンロードを歩くあなたとお義父さん。
聖書を読み上げる神父
「病める時も健やかなる時もお互いを支え合い、愛し合うことを誓いますか?」
さとみ
さとみ
誓います
(なまえ)
あなた
はい、誓います
「それでは指輪交換をして、誓いのキスを」
(なまえ)
あなた
ッ……
オレに指輪をはめるあなたの手が小刻みに震えていた。
さとみ
さとみ
大丈夫
(なまえ)
あなた
う、うん…
お互いに指輪を交換し合い、顔を合わせる。
緊張して浮かない顔のあなた
そんな可愛らしい彼女に愛おしさを覚えながら、彼女の唇に自分の唇を合わせる。
さとみ
さとみ
チュッ
(なまえ)
あなた
ン…
パチパチパチ…
拍手が巻き起こった。
次は大広間に集まって、宴会だ。
莉犬
莉犬
あなた〜〜!
莉犬
莉犬
すっごく綺麗だよ!
さとみ
さとみ
おい、人の奥さんを口説くな
(なまえ)
あなた
www
ななもり
ななもり
お熱いね〜
るぅと
るぅと
あなたおめでとう
(なまえ)
あなた
ありがとう、
ジェル
ジェル
さとみに泣かされたらいつでも俺の胸に飛び込んでこい!
るぅと
るぅと
それは僕のセリフです!
ころん
ころん
二人共おめでとう
さとみ
さとみ
ありがとう
ななもり
ななもり
仲良くしてよ?
(なまえ)
あなた
はい!
オレはあなたの腕を引いて、
さとみ
さとみ
愛してるよ
(なまえ)
あなた
私もです
(なまえ)
あなた
これからも宜しくお願いしますね
(なまえ)
あなた
旦那さん
その言葉に胸が高鳴った。