無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第57話

その後
柏木きゅん
柏木きゅん
あ〜〜ん!さとみさあぁん!
柏木きゅん
柏木きゅん
離れたくないですぅ!
さとみ
さとみ
今までありがとな
きゅんちゃんが泣いてる…
どうしたのかな
(なまえ)
あなた
大丈夫ですかね、
ななもり
ななもり
きゅんちゃん、
違う部署に移動になったらしい
(なまえ)
あなた
え、そうなんですか…
ななもり
ななもり
嫌だった?
(なまえ)
あなた
う〜ん、
悲しいといえば悲しいですけど、…
正直ホッとしてるところがある。
ななもり
ななもり
でも、会社のパーティとかでたまには会えると思うよ
(なまえ)
あなた
そうなんですか
ななもり
ななもり
うん、
_____________________
莉犬
莉犬
先輩
ななもり
ななもり
ん?
莉犬
莉犬
きゅんちゃんが移動になったのって…
ななもり
ななもり
うん
莉犬
莉犬
先輩がなんかしたんですか?
ななもり
ななもり
あは、
ななもり
ななもり
そうだね、部長に勧めといた笑
部署移動させたほうがいいって
莉犬
莉犬
ななもり先輩すごいことしますね、
ジェル
ジェル
というか、できるんやな、
そんなこと
ジェル
ジェル
なーくんの信頼度が高いのか笑
_____________________
るぅと
るぅと
ずっと泣いてる…
ころん
ころん
ま、でもこれで邪魔はなくなるね
ころん
ころん
これからも仲良くしてほしいな、
ころん
ころん
あの二人には
るぅと
るぅと
ふふっ、そうですね
____________________
さとみ
さとみ
あなた
(なまえ)
あなた
さとみくん
さとみ
さとみ
帰ろ
さとみくんは、手を差し出した。
私がその手を取ると、さらにさとみくんは指を絡めてきて、恋人繋ぎをしてくれた。
(なまえ)
あなた
えへへっ
さとみ
さとみ
何?w
(なまえ)
あなた
私、さとみくんと仲直りできて、
良かったです!
さとみ
さとみ
もう別れてなんて言わせないようにするね
(なまえ)
あなた
もう言いません!


ふたりで笑い合いながら帰った。

きっとこの出来事はふたりの絆をさらに強くしてくれたと思うし、将来は笑い話になることを願って、
(なまえ)
あなた
これからもよろしくお願いします
さとみ
さとみ
オレもよろしく