無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第31話

出張⑤
あなたside
3日目の仕事も無事終えて、いよいよ東京に帰ります。
さとみ
さとみ
はぁーっ
さとみ
さとみ
疲れたでしょ
(なまえ)
あなた
そうですね…
(なまえ)
あなた
でもすごい楽しくていろいろ学べました!
今回の出張を通して、いろんなことに気付いた。これはるぅとくんたちにも教えてこれからも仕事に役立てたい
それと自分の気持ちにも気付いた
私、さとみさんが好き
さとみside
あなたとふたりきりの出張の時間が終わってしまった。長かったような短かったような…

相変わらずあなたはオレのこと意識してなさそうだけど、今回の経験が仕事に繋がるのだったら先輩として嬉しい
電車に乗りながら景色を眺めていると、
肩に重みを感じた
さとみ
さとみ
あなた
疲れて眠ってオレにもたれてしまったらしい。
(なまえ)
あなた
すぅ、すぅ
寝息が聞こえる
さとみ
さとみ
ふふ、
さとみ
さとみ
お疲れ様
だんだん景色が見覚えのある景色に変わっていき、オレたちが降りる駅に着いた
次の日
ななもり
ななもり
おかえりーー!あなたちゃん!
莉犬
莉犬
どうだった?
(なまえ)
あなた
めっちゃ勉強になった!
ジェル
ジェル
さとみもお疲れ!
ころん
ころん
なんか進展はあったの??ヒソッ
さとみ
さとみ
や、特には…
ジェル
ジェル
なんやねん〜
せっかくのチャンスやったのに〜
るぅと
るぅと
意気地なしですねっ先輩はっ
さとみ
さとみ
あ、お前わざと電話…
るぅと
るぅと
あなた〜お土産話たくさん聞かせてよ〜
あいつ…逃げやがって…
でも、間違いなくるぅとよりオレとのほうが仲良くなったと思う。
でも、また距離が遠くなるのはその時誰も思っていなかった