無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

噂の先輩
るぅと
るぅと
あ!あなたちゃん!こっち〜!
るぅと
るぅと
遅かったね
(なまえ)
あなた
長引いちゃって……
莉犬
莉犬
ねぇねぇあなた、さとみ先輩って人と話したことある?
(なまえ)
あなた
え、あ、さっき…
ジェル
ジェル
え!何話したん!?
めずらしいな、さとちゃんが女子と
話すなんて
(なまえ)
あなた
えと、話した、というか
オレが仕事やっとくから早くいってこいって
ななもり
ななもり
へー、ってか!仕事たくさんあったんじゃん!言ってよ!
(なまえ)
あなた
ごめんなさい…でもなんで急に桃山さんの話なんか…
莉犬
莉犬
うちの会社で一番モテるらしいからさっ!
莉犬
莉犬
あなた話したことあるかなぁって
ころん
ころん
モテるのに必要以上に女子と話さないからさ
ころん
ころん
でも今聞いた話の感じ、さとみくんから話しかけてきたんよね?
ころん
ころん
ひょっとしたらあなたのこと気になってるのかも
(なまえ)
あなた
まさか
(なまえ)
あなた
多分今日は皆さんのことを思って早く行ってやれみたいな感じでしたし、
(なまえ)
あなた
話したことなかったんですよ?
るぅと
るぅと
あなたちゃんかわいいし、一目惚れかも!
(なまえ)
あなた
え〜、酔ってる?w
莉犬
莉犬
いや、あなたはめちゃくちゃ可愛いよ
こないだ少し男子社員で噂になってた
(なまえ)
あなた
や、やめてよ///でも、みなさんもすごいイケメンだと思いますよ
ジェル
ジェル
やだな〜、酔ってる?あなたちゃん
(なまえ)
あなた
まだ飲んでませんから笑
でも桃川さん少し怖かったです
ころん
ころん
んー、まぁドライなところはあるからなぁ
(なまえ)
あなた
嫌われているかもしれません
ななもり
ななもり
喋ったことない人に好き嫌いはつけないよ、それにオレ、あなたちゃんの事さとみくんに話すんだよ。いい子だよーとか、
ななもり
ななもり
だから悪い印象は持ってないと思う
(なまえ)
あなた
ななもりさん…
(なまえ)
あなた
私のこといい子だと思ってくださってるんですね!
ななもり
ななもり
うんw
ころん
ころん
今度さとみくん入れて飲み会しよーよ!
ジェル
ジェル
おー!せやな!
そして楽しい飲み会が続きました