無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

眠ってしまった間に
さとみ
さとみ
ーーで、これやってほしい…って
さとみ
さとみ
あなた?聞いてる?
(なまえ)
あなた
あぁあ、はい…
ヤバい頭がボーッとする、頭が働かない…
さとみ
さとみ
大丈夫か
(なまえ)
あなた
だ、大丈夫です…
熱い…クラクラする…
るぅと
るぅと
あなたちゃん!やっぱり!
(なまえ)
あなた
るっ、るぅとくん?
るぅと
るぅと
ちょっと失礼しますね
るぅとくんのひんやりした手が私のおでこをつつむ
るぅと
るぅと
めっちゃ熱あるよ!
(なまえ)
あなた
えぇえうそぉ〜
るぅと
るぅと
今日は早退しよ
さとみ
さとみ
じゃオレが送ってくるよ
るぅと
るぅと
いや、僕が気づいたので責任持って僕が送りますよ
さとみ
さとみ
オレがあなたの上司だし、オレが送る
るぅと
るぅと
先輩は忙しいでしょっ大丈夫ですって!
さとみ
さとみ
新人のほうが仕事をこなすのに時間かかるだろ
ころん
ころん
ちょっとちょっと、
ころん
ころん
ふたりは揉めるなよ、
係長
係長
どうした?
るぅと
るぅと
あなたちゃんが熱で…
係長
係長
大丈夫か、今日は早退して休んでこい
係長
係長
桃川、送ってやれ
さとみ
さとみ
はい
(なまえ)
あなた
すみません…
るぅと
るぅと
·····ゆっくり休んであなたちゃん
(なまえ)
あなた
ごめんね、ありがとう
るぅと
るぅと
うん…
さとみ
さとみ
立てるか?
(なまえ)
あなた
大丈夫です、
それからさとみさんの車に乗ったんだけど、あまりにも辛すぎてすぐ眠ってしまった
目が覚めると、ベッドの上にいた