無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

先輩と過ごす時間
係長に頼まれて、掲示物を剥がして、また貼る作業をしなくちゃいけないんだけど…、掲示物が高いところにあって、背伸びしても届かない。
(なまえ)
あなた
ぅ、ぅー…届けッ…
つま先で立っても届かない。
グラッとバランスを崩して、こけそうになった、その時
さとみ
さとみ
うおっ、大丈夫か
(なまえ)
あなた
さとみさん!
さとみさんが体を支えてくれた。
距離が近い
さとみ
さとみ
あ、ごめん
(なまえ)
あなた
大丈夫です!さとみさん!高いところに貼るの手伝ってもらえませんか?
さとみ
さとみ
お、いーよ
どこに貼ればいい?
(なまえ)
あなた
えっと…
さとみさんが手伝ってくれたおかげであっという間に終わった。
さとみ
さとみ
ていうか、新入社員は広告のデザイン考えるみたいな課題なかった?莉犬とるぅとが必死にやってたけど、
(なまえ)
あなた
終わったんです!
先輩達からも褒められたんですよ!
さとみ
さとみ
すごいじゃん。えらいえらい
ナデナデ
(なまえ)
あなた
っっ……///
さとみ
さとみ
照れてんの?笑
そりゃ、頭撫でられたら照れますよっ!でも、褒められたのは嬉しかった。
(なまえ)
あなた
さとみさんが前教えてくれたことを参考にして作ってみたんです!ありがとうございました!
さとみ
さとみ
役に立ったんだったら嬉しい
さとみ
さとみ
あ、ねぇあなた
さとみ
さとみ
今日一緒に帰らない?
(なまえ)
あなた
えっ
最近こうしてふたりでお話する機会が少なくなっていたからすごい嬉しい!
(なまえ)
あなた
いいんですか?
さとみ
さとみ
久々にたくさん話したいな
(なまえ)
あなた
私も思ってたんです!
やった!はやく時間たたないかな…








____________________
さとみ
さとみ
あなた行こっか
(なまえ)
あなた
はい!!
さとみ
さとみ
www
なんか過去一元気な返事だなw
さとみ
さとみ
はい、じゃ車乗って
(なまえ)
あなた
お願いします〜
それから他愛のない会話が続いて、お互いの恋愛事情の話になった。
さとみ
さとみ
へぇ〜
やっぱあなた付き合ったことないんだ
(なまえ)
あなた
や、やっぱってどういうことですかっ!w
さとみ
さとみ
あなたは男子に奥手っぽいから
(なまえ)
あなた
そう見えますか?
さとみ
さとみ
いや、あなたはそれでいいんだよ
(なまえ)
あなた
ディスってるじゃないですか…
(なまえ)
あなた
そういえば
(なまえ)
あなた
さとみさんのタイプはどんな人ですか?
さとみ
さとみ
オレかぁ、
さとみ
さとみ
優しいけど自我があって、お人形にならない人がいいかなー
(なまえ)
あなた
なんか大人…
さとみ
さとみ
まぁあと、可愛い人かな!
(なまえ)
あなた
まぁ見た目は大事ですよねぇ
さとみ
さとみ
あなたみたいな人もタイプ
(なまえ)
あなた
私ですか?
(なまえ)
あなた
私は可愛くないからな〜
するとさとみさんはじっと私を見つめてきて
さとみ
さとみ
可愛いよ
(なまえ)
あなた
めっちゃイイ声で言わないでくださいっ!w
さとみ
さとみ
ときめいた?w
自分の顔がどんどん熱くなるのが分かる。
(なまえ)
あなた
嬉しいです
さとみ
さとみ
うん…
さとみ
さとみ
そういう素直なとこも好き
(なまえ)
あなた
えっ
さとみ
さとみ
着いたよ。また明日
(なまえ)
あなた
あ、!ありがとうございました!
それから手を振ってさとみさんは自分の家の方へ車を走らせた。

最近さとみさんはドキドキさせることを言ってくることが多い。
(なまえ)
あなた
ん〜……
自分の胸に手を当てる
(なまえ)
あなた
まだドキドキ言ってる…
_________________
作者。
作者。
みなさん!はじめまして作者です!
作者。
作者。
ここまで読んでくださってありがとうございますm(_ _)m
作者。
作者。
皆様のおかげでなんと新作総合ランキング72位にランクインすることができました!ありがとうございます!
作者。
作者。
これからもよろしくお願いします!