無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

久々に さとみくん目線
さとみsideー*∵☆*
(はァ…、今日はなかなか大変な日だったな。明日提出の書類終わってないし…)
時刻21:08
(0時までには家帰りたいな…)
オフィスに向かうと電気が付いていた。
(まだ誰かいるのか?)
さとみ
さとみ
・・・!
あなたが机に突っ伏して眠っていた。
(何してんだよ…w)
さとみ
さとみ
パソコンもつけっぱなしで……
ん?
あなたのパソコンにはオレがやらなければならない書類の文章が最後まで打ちこんであった。

まさかあなたが…?
(なまえ)
あなた
ふぇ…
(なまえ)
あなた
·····ふぁ!?
今何時…ってさとみさん!?じゃなくて、
桃川さんっ
さとみ
さとみ
いや、さとみで大丈夫、だけど、
さとみ
さとみ
何?これ
(なまえ)
あなた
あ、、忙しそうだったので勝手に…
ごめんなさい
さとみ
さとみ
いや、助かったけど、、
自分のは終わってるの?
(なまえ)
あなた
··········
(なまえ)
あなた
(☉。☉)!
さとみ
さとみ
(なまえ)
あなた
私のは明日でもいいんですよ!うん!
(なんで自分のを忘れてるんだよ…w)
さとみ
さとみ
ブフッ
(なまえ)
あなた
さとみ
さとみ
な、何してんだよw
(なまえ)
あなた
さとみ
さとみ
なんでっw自分のよりオレのを優先っwさせてんだよwww
(なまえ)
あなた
わ、笑いすぎデス…
お人好しなんだか馬鹿なんだかw
こんなしょーもないことで久々に笑ったな
さとみ
さとみ
オレお前のやっとくから帰っていいよ
(なまえ)
あなた
えっ!嫌です!だったら一緒にやりたいです、!
さとみ
さとみ
ん、じゃ隣おいで
(なまえ)
あなた
はい!