無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第39話

誤解を解くとき
大雨が降って自分たちのグループのコテージに戻るとタオルが用意されてあって、さとみさんが私の髪をワシャワシャ拭いてくれた
(なまえ)
あなた
すごい降ってきましたね…
さとみ
さとみ
山の方の天気は変わりやすいって言うからな…
ころんさんたちは大丈夫かな?
5人で川上へ行ったきゅんちゃんを連れ戻しに行ったケド…
(なまえ)
あなた
さと、みさん…
さとみ
さとみ
ん?
(なまえ)
あなた
私、ころんさんと付き合ってないです…
(なまえ)
あなた
誤解なんです…
さとみ
さとみ
.....
さとみさんは無言のままだ。まだ信じてくれてないのかな…
どうやったら信じてくれるんだろう…
そう思うと涙がポタポタこぼれてきた
さとみ
さとみ
え、
(なまえ)
あなた
なんで、こんだけ言ってるのに、信じてくれないんですかっ、ころんさんが私のことどう思ってるかなんて、
(なまえ)
あなた
さとみさんが一番、よく知ってるんじゃ、ないんですかっ
さとみ
さとみ
________________
さとみside
そうだよ…ころんがあなたのことどう思ってるかは知ってるし、オレのことも応援してくれてたのもよく知ってる
それをオレは…、
(なまえ)
あなた
あの写真だって角度でどうにでもなりますっ
(なまえ)
あなた
それを見て、上辺だけで判断するのは
(なまえ)
あなた
一番さとみさんがしないことじゃないですかっ!!
そうだ…
オレはあなたが取られたと思って、冷静でいられなくなってたんだ…
好きな子、こんなに泣かせて…
男として失格だな、オレ…
(なまえ)
あなた
ゔっグスッグスッヒックヒック
さとみ
さとみ
ゴメン、ほんとごめん…
オレはついあなたを抱きしめてしまった
さとみ
さとみ
ごめん…、オレ、焦ってたんだよ…
ほんとにごめん
(なまえ)
あなた
グスッ
ホントのこと、わかってくれましたか?
さとみ
さとみ
うん…、オレが悪かった…
(なまえ)
あなた
いいえ、
(なまえ)
あなた
私も、誤解させるようなことして
ごめんなさい…
さとみ
さとみ
あなたは悪くないよ
(なまえ)
あなた
ころんさんのこと嫌いにならないであげてください、なんか凄く心配してました…
あぁ、この子は…いつも他人の気持ちを考えてる優しい子だった…なのにオレはこんな子を傷つけて…
さとみ
さとみ
ならないよ
ジェル
ジェル
うっわぁー、寒い!
さとみ
さとみ
お前ら、どこ行ってたんだ
ころん
ころん
柏木が川上行くから!
柏木きゅん
柏木きゅん
なんでですか!川上にさとみさんいるってころんさんが言ったのにぃ!
ななもり
ななもり
ななもり
ななもり
さとみくん…
誤解は解けたのかな?
さとみ
さとみ
うん
さとみ
さとみ
ごめんなころん
ころん
ころん
いいっていいって
莉犬
莉犬
ハックション!
(なまえ)
あなた
大丈夫?風邪引かないでね…
るぅと
るぅと
僕にもタオルください!
その後はすぐにシャワーを浴びて、学生時代テンションがあがった修学旅行のような夜がやってきた