無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

一話
↑の真っ暗い部屋
ドアの前で
母親
母親
あなた聞いてね。
再婚する事になったの今回の人暴力的な人じゃないから大丈夫よ
今日から来るからね
ーーーーーーーー二時間後ーーーーーーーーーーーー
ピンポーン
父親
父親
こんにちは
不死川 実弥
不死川 実弥
お邪魔します。
母親
母親
ただいまでいいのよ
不死川 実弥
不死川 実弥
ただいま
母親
母親
おかえり
不死川 玄弥
不死川 玄弥
ただいま
母親
母親
おかえり
不死川 実弥
不死川 実弥
あの,女の子がいるって父親から聞いたんですけど
母親
母親
あなたのことね。
母親
母親
あなたは,前の父親に虐待を振るわれていて、精神状態が悪くなってしまった。
そのあと,引きこもりになってしばらく出てきてないの。
不死川 実弥
不死川 実弥
俺が見ましょうか?
母親
母親
え!
父親
父親
驚くよな。
実弥は,精神病院の先生をしてるから大丈夫だぞ。
母親
母親
お願いしてもいいかしら?
不死川 実弥
不死川 実弥
はい
母親
母親
あ,でもあなたは,先生と病院と言う言葉に敏感で…
不死川 実弥
不死川 実弥
あまり使わないようにしますね