第21話

あさのちゅー❤🩷
3,260
2023/05/06 22:00
ジェシーside





今日は朝早くから仕事が入ってる。

めちゃくちゃ有り難いことなんだけど朝から大我とイチャイチャできないのは少し残念…


いつもは仕事行くときには大我も起きてるし行ってきますのキスができるんだけど今寝てるからなぁ。



それはもう気持ちよさそうにスーピー寝てる。

支度する前に写真100枚くらい撮った!

後でロック画面にしよ〜!



まだいたいけどもう仕事行かなきゃ、
ジェシー
ジェシー
たいが〜?
寝室を覗いてみると布団の左側がもっこりしてる。

さっきと変わらない風景に自然と口角があがる。


愛おしぃ〜…




そうそう!だからね!

めちゃくちゃ気持ちよさそうに寝てるから行ってきますのちゅーするにもできないの!


それで起きちゃっても大我に悪いし…



だから今日は我慢!


その代わり夜いっぱいちゅーするんだから!

ジェシー
ジェシー
いってきまーす、
そういって寝室のドアを閉める。



あー家帰りたい。

まだ家だけど。


今日頑張れるかな〜



おっも〜い足取りで玄関へ向かう。




靴を片足履いたとき。





かちゃ










ん?


京本大我
京本大我
じぇ、し…


少し早歩きで俺のもとに来る大我がものすごく愛おしい。

ジェシー
ジェシー
あれ、起こしちゃっt










ちゅ










唇に何かが当たる感触がする。





京本大我
京本大我
いってらっしゃい…


大我が目をごしごししながら寝室へと戻っていく。










ジェシー
ジェシー
HE!?





え?





どーいうこと?










あの滅多に自分からしない大我が!?




いつもは俺から無理やりするんだけど…










こーれは帰ってくるのが1000倍楽しみになっちゃうな〜










俺は1人ニヤニヤしながら大我にメッセージを入れ、るんるんで仕事へと向かった。
大我side





今日はジェシーがいつもより早く仕事へ行くっていうから少し寂しい。

こんなこと本人には絶対言わないけど。


朝うっすら目を開けて隣を見てみるともうジェシーはいなかった。
大我
大我
……
あーあ、もう行っちゃったのかぁ、

まぁ俺の仕事までまだ時間あるし寝てるかぁ


と思ってまたうとうとしてるとき誰かの声がぼんやり聞こえた。
ジェシー
ジェシー
いってきまーす、
まだいたのか。





あれ、、、ちゅー…



俺はジェシーが行っちゃわないうちに早歩きで彼の元へ向かう。










ちゅー。ちゅー。ちゅーう…





いつもしてるじゃん

なんで今日はしないの、!


そういう意味も込めてジェシーの唇へ突進するようにちゅーする。





ちゅ





あー満足。


寝よ。



─────

30分後


事前にかけておいたアラームが鳴り響く。


おきるかぁ、



取り敢えずアラームを消すためにスマホを手に取る。

大我
大我
ん〜?
ジェシーから1件のLINEが。





ジェシー
ジェシー
『夜詳しく話聞くからね!!!!』

、、、なにが?


さっき起こったことを思い出してみる。





今日はジェシーが早くから仕事だから早く家出て〜










、、、、、、あ





大我
大我
ひぅ……
自分でも聞いたことない声が喉から出たぞ。





そーだよ…

そーだそーだそーだぁ!!

大我
大我
自分から、、




大我
大我
うぅ/ /
夜詳しく聞かれるの?俺。










その勢いで抱かれる?










う、嬉しいわけないでしょ!!

さかな🤳


こういうの好きなんです😏😏😏

みんな書いてくれ〜!!


オリジナル→リクエスト→オリジナル→リクエストって順に行きますね❕

アイデア思いつかなかったらリクエスト続きになるかも💦


リクエストは題名に🐿って書くね〜ん



🐠裏話🤫

その後の仕事がはかどったとかはかどらなかったとか…🩷

──────────

リクエストお待ちしております❕✨すぐには書けません!

もう何書こうかわかんねぇ!ってなったときからリクエスト消費していくのでたくさんためといてください☺

本番は書けません🙅




いいね👍コメント💬お気に入り⭐とっても喜びます🫶

プリ小説オーディオドラマ