無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

FIFTEEN
彩月茅夏
彩月茅夏
私ね、夢見るんだ。
彩月茅夏
彩月茅夏
まだ小さな小さな活動だったとしても、応援してくれる人達。
彩月茅夏
彩月茅夏
私ね、みんなの声が好きなんだ
彩月茅夏
彩月茅夏
声があるから気持ちを知ることが出来る。伝えることが出来る。
彩月茅夏
彩月茅夏
だから…
彩月茅夏
彩月茅夏
ツイキャスでカラオケ配信したときとか、皆聞いてくれるかな?