無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

32
2021/07/06

第3話

1話
学校が辛い
どんなにひどい仕打ちを受けている訳じゃないけど、気づいたら1人ぼっちみんなの話しかけるなよって言う目が怖い




-----学校------
あなた

おはようございます

朝は大体誰も挨拶を返してくれない
唯一返してくれるのは……
西畑先生
西畑先生
おはよう
先生だけ。
向井先生
向井先生
みんなおはよう!
あなた

おはようございます!

向井先生
向井先生
大ちゃんちょっと借りるで
西畑先生
西畑先生
だから学校やから!西畑って呼んで
7:55分支度を終えて、
予定帳の昨日の欄を適当に埋める








今日も何も変わらない1日が始まる
西畑先生
西畑先生
朝の会の前に転校生が来たから紹介する
西畑先生
西畑先生
入って







「はい」






聞いたことある声な気がした
返事とともに  スタッ  スタッ  足音が近づくと
駿佑
駿佑
おはようございます!
道枝 駿佑です!好きなものは山田くん!好きな食べ物はきんぴらゴボウ!
よろしくお願いします
西畑先生
西畑先生
じゃあ道枝の席は〜、一番後ろの左から3番目
このクラスにはいくつか空席がある。


理想は

西畑「あなたの隣」
だけど今回だけは感謝!



私は彼を知ってる



きっと私なんて彼は気づいてくれない。