無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

76
2020/06/24

第4話

第3話 博麗神社と外の世界
私たちは神社のような場所に来ていた。赤い鳥居があるので、多分そうだろう。
霧雨 魔理沙
霧雨 魔理沙
よーし、着いたぜ…って、ん?どうかしたか?
ルナ・ドリーム
ルナ・ドリーム
ゼーハーゼーハー
ルナ・ドリーム
ルナ・ドリーム
『どうかしたか?』じゃないよ!危うく死ぬところだったんだからね!
そう私は魔理沙に言う。
霧雨 魔理沙
霧雨 魔理沙
え?なんでだ?
魔理沙は私は知らないぜ?みたいな目で見てくる。
ルナ・ドリーム
ルナ・ドリーム
こっちは初めてだったの!ってか普通はいきなり飛ばれたらびっくりするでしょ!
???
???
まったくもう、朝っぱらから騒がしいわね…ってあら?その人は…人里の子…かしら?
赤い巫女服を着た人がでできた。ここの巫女さんかな?
霧雨 魔理沙
霧雨 魔理沙
おー霊夢れいむ!おはようなんだぜ!
どうやら『霊夢』と言う人らしい。
ルナ・ドリーム
ルナ・ドリーム
お、おはようございます…。それと、初めまして…?
博麗 霊夢
博麗 霊夢
えぇ、そうね。私の名前は『博麗霊夢はくれいれいむ』よ。この『博麗神社はくれいじんじゃ』の巫女よ。あなたの名前は?
ルナ・ドリーム
ルナ・ドリーム
私の名前は『ルナ』と言います。よろしくお願いします、霊夢さん。
私は霊夢に自己紹介をした。
博麗 霊夢
博麗 霊夢
タメ口で構わないわよ。
ルナ・ドリーム
ルナ・ドリーム
わかったよ、霊夢。
私は返事をした。
博麗 霊夢
博麗 霊夢
それで?魔理沙はどうしてルナを連れてきたの?雰囲気的に人里の子じゃないようだし。
霧雨 魔理沙
霧雨 魔理沙
あぁ、すまん。忘れてた。
魔理沙は元気よく言った。
ルナ・ドリーム
ルナ・ドリーム
(魔理沙らしいなぁ…)
博麗 霊夢
博麗 霊夢
(魔理沙らしいなぁ…)
なんだか今、霊夢とハモった気がする…
まぁ、いいか。と思いつつ、私は何が起こったかを説明した。
ーーーーーーー少女説明中ーーーーーーー
博麗 霊夢
博麗 霊夢
なるほど。で、話をまとめると、ルナは目を覚ますと森の中にいたと、記憶をなくして。そして出口を探しているうちに魔理沙の店らしきものを見つけた。そして、そこで魔理沙と出会ったってこと?
霊夢は今私が説明したことを順番に並べて言った。
霧雨 魔理沙
霧雨 魔理沙
だいたいそんな感じだぜ。
博麗 霊夢
博麗 霊夢
その話を聞いた限り、ルナは外の世界の住人みたいね。
霊夢は頷きながら言った。
ルナ・ドリーム
ルナ・ドリーム
外の世界…?
外の世界とはなんだろう。宇宙のことだろうか。そうあーだこーだ考えていると魔理沙が説明してくれた。
霧雨 魔理沙
霧雨 魔理沙
外の世界は幻想郷の外のことだぜ。
ルナ・ドリーム
ルナ・ドリーム
幻想郷…?
私にとってはそのすべての言葉が初耳だった。
博麗 霊夢
博麗 霊夢
一から説明するわ。
博麗 霊夢
博麗 霊夢
ここの名前は『幻想郷げんそうきょう』。忘れられたものがくる場所。
6/24 文字数が多かったので、次話に少し移しました。