無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,156
2021/12/26

第70話

友達卒業 ④
廉side
















『…海人のことが好きやから、』




永瀬廉
……。




言ってしまった。






そして、キスをしてしまった。














もうこんなことしたら




友達になんて、戻れるわけないよなぁ…。













俺…どうすれば良かったんやろ…。





















先生「永瀬」

永瀬廉
……


先生「おい、永瀬」

永瀬廉
…あ、はい


先生「最近テストの成績が下がってるぞ、今日の放課後は補習に来い」

永瀬廉
…わかりました







あれからは海人ともほとんど会ってなくて






モチベーションが上がらないから成績も落ちるわけで










…最悪や、、













自習スペースで勉強しようと思っていたら



見覚えのある寝顔を見つけた








海人だった







自習していて寝落ちしてしまったみたいだった











永瀬廉
……可愛ええな…




机の上に広がった教科書には



俺が書き込みしてあげた字が並んでて、






俺とおそろいで買った単語帳も、






俺が貸したまんま借りパクされたシャーペンも、













全部、仲が良かった時のままだった












永瀬廉
…好きや…海人、、





あの日から変わっていない腫れた目は




多分俺のせいだ








永瀬廉
俺がもっと海人にふさわしかったら良かったのに…



.




髙橋海人
…そんなの…こっちのセリフだよ…
永瀬廉
え、起きてたん!?
髙橋海人
俺がもっと頭良かったら…かっこよかったら…
髙橋海人
廉と付き合えたのに…
永瀬廉
だから自習してたん?
髙橋海人
うん…
永瀬廉
海人…//
髙橋海人
もっと勉強してイケメンになるから…
髙橋海人
それまで待ってて、、
永瀬廉
……
永瀬廉
そんなのいらない
髙橋海人
え…、
永瀬廉
俺は今の海人が好きやから
髙橋海人
で、でも廉様は…
永瀬廉
俺のために頑張ってくれるのは嬉しいけど、海人に無理してほしくないし
永瀬廉
それに…


.

永瀬廉
俺にとって海人以上の存在ってないから


.

髙橋海人
っ…、!////


.

永瀬廉
やっぱり俺…海人がいないのは耐えられへん…
永瀬廉
俺と…付き合ってください、
髙橋海人
れ、れん…////
髙橋海人
こちらこそ…お願いします…////



俺が差し出した手をぎゅっと握り返してくれた







その手をそのまま引き寄せて抱きしめた









髙橋海人
っ…!////
永瀬廉
海人のことは俺が守るから…
永瀬廉
だから、俺と一緒にいて欲しい…
髙橋海人
うん…ずっと一緒だよ…?
永瀬廉
おん…当たり前やろ…///




海人の頬にひとつキスを落とした





真っ赤に染まる頬に、もうひとつキスを落とす











そこで、周りからの熱い視線に気が付いた











ファンクラブのやつらを含めて、




大勢の女子がキャーキャー言っている












まぁ、目の前の海人が可愛すぎて、



そんなこと気にもならないけれど。







永瀬廉
せっかくやしみんなに見せてあげよっか
髙橋海人
へ…、






俺は大勢の前で






熱い熱いキスをかました















end