無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

983
2021/09/19

第67話

友達卒業〈廉×海人〉
海人side















永瀬廉
海人、帰ろ
髙橋海人
あ、廉!


女子A「待ってやばい廉様じゃん!///」




女子B「なんで廉様がこっちのクラスにいんの!?//」





髙橋海人
こっちのクラス来るなんて珍しいじゃん
髙橋海人
ごめん、そんなに待たせてた?
永瀬廉
いや、ホームルームが早く終わったから
永瀬廉
…何となく迎えにきた
髙橋海人
えへ…ありがとう…//







“廉様” こと、永瀬廉は





特進クラスのイケメン王子











毎回学年トップの成績をたたき出して




体育の授業も大活躍で






女子、男子ともに人気があるのは言うまでもなかった














そんなキラキラな人が



なんで普通クラスの俺と仲良くしてくれるのか分からない


















でも俺は、そんな廉に恋をしてしまったらしい















遠い存在の人が急に近くなって




色んな魅力を知って








いつしか、恋愛感情を抱いていた













永瀬廉
そういえば今日、体育の時グラウンド覗いとったやろ
髙橋海人
…え、気付いてたの!?//




そうだった…





廉のクラスが体育でサッカーやってるのを教室から見てて



授業そっちのけで応援してたんだっけ…//








永瀬廉
それで先生に注意されとったやろ笑
髙橋海人
ちょ…!そこまで見てたの!?///
永瀬廉
あれはおもろかったな〜笑
髙橋海人
だ、だって気になったんだもんっ〜!
永瀬廉
うそうそ、応援してくれて嬉しかったで
髙橋海人
っ〜!////
髙橋海人
れ、れんも…かっこよかった、よ?//
永瀬廉
あ、ありがと…////
永瀬廉
…海人ってほんと、素直だよな
髙橋海人
うーん…自覚はないけど…
永瀬廉
俺がゴール決めたらめっちゃ喜んで、俺がミスったらしゅんってなって、
永瀬廉
すげー嬉しかったし…可愛かったで、//
髙橋海人
も、もうっ、すぐそういう冗談…//
永瀬廉
ほんとやし、もっとお前自信持てよ
髙橋海人
そんなこと言われても…
永瀬廉
まぁそういうとこも含めて、俺は海人のこと好きやけどね
髙橋海人
なっ…/////









好き…。






あの廉様に…好きって…言われた…。












そんな思わせぶりなことされたら








廉も俺のこと好きなんじゃないかって



期待しちゃうでしょ…














ねぇ、廉も俺のこと好き?

















永瀬廉
ん、じゃあな
髙橋海人
あ…、
永瀬廉
海人?どうしたー?
髙橋海人
れ、れん、



.




髙橋海人
好き…。













自然に出てきたこの言葉に




嘘はなかった













でも…廉も俺のこと、好きなんじゃないの…?


















永瀬廉
……







.










永瀬廉
ごめん
永瀬廉
海人のことは友達だと思ってた







next…