無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,391
2021/10/09

第68話

友達卒業 ②
海人side















永瀬廉
ごめん
永瀬廉
海人のことは友達だと思ってた



.





永瀬廉
…てか、照れるね…笑
永瀬廉
言ってくれてありがとうね
髙橋海人
触んないで…!
永瀬廉
え…、





頭に手をのばしてきた廉の手を振り払ってしまった









直後に廉の傷付いた顔が見えて



我に返った









髙橋海人
…ごめんなさい






自分の顔を見られないようにして





走って逃げた














早く




早く廉の姿が見えなくなるまで…














髙橋海人
はぁ、はぁっ…、
髙橋海人
っう、、グスッ







廉も俺のこと好きとか





そんなわけないじゃん…














廉様は特進クラスのイケメン王子






俺は所詮普通クラス









こんな2人がつり合うわけがないのに、









ちょっと優しくされたからって調子に乗って









バカみたい…


















ー翌日ー











友達「あれ、海人今日早いじゃん、おはよ」

髙橋海人
うん、おはよ…


友達「目腫れてるけど、大丈夫?」

髙橋海人
あはは、大丈夫大丈夫…






いつもは廉と一緒に登校するけど、




今日は会いたくなかったから先に来てしまった












とりあえず学校に来ただけ褒めてほしい








生まれてこの方、失恋なんて初めてのことで








立ち直るなんてできそうもない






立ち直る気なんてさっぱり起きない














すると、廊下の方がザワザワしていた







なんだか嫌な予感はする





それも多分…











永瀬廉
海人!
髙橋海人
…っ、、
永瀬廉
お前、俺を置いていくなんていい度胸してんじゃねぇか
髙橋海人
……
永瀬廉
なぁ、ちょっとはこっち見ろよ
髙橋海人
……
永瀬廉
おい。





席を立って逃げようとしたところを






強い力で抱きしめられた













途端に鼓動が早くなって





自然と涙が溢れてくる











永瀬廉
海人に無視されるの、寂しい…
髙橋海人
っ…////
髙橋海人
なんで、そんなこと言うの、っ
髙橋海人
俺のこと振ったくせにっ…
永瀬廉
振ったら友達でいられへんの?
髙橋海人
しばらくは、無理…
永瀬廉
なんで?なにができひんの、?
髙橋海人
だって、っ…廉も俺のこと好きだと思ってた、からっ…
永瀬廉
…好きや、好きやけど…、
髙橋海人
もういいよ!こっちだって廉のこと嫌いだし!
髙橋海人
廉なんて大っ嫌い!!
永瀬廉
っ、…







廉を突き飛ばして教室を出た








廉を見に来た野次馬が廊下にまで溢れてて






こんな大勢に今のやり取りを見られてたと思うと



いたたまれない気持ちになった













髙橋海人
うっ、グスッ、もう、やだ…グスッ





もう廉に嫌われたに違いない







もう廉と喋れない




喋る権利なんてない










せっかく廉の方から来てくれたのに








大っ嫌いって叫んで










もう、終わった…

















『海人!海人!!』






髙橋海人
…?





どこからともなく、廉の声が聞こえた










もしかして、追いかけて探してくれてるの…?















どこまでいいやつなんだよ…









そういうところも、好きなの…














髙橋海人
れ、廉…




「ねぇ、ちょっといい?」













next…