無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

12
2020/09/06

第3話

3




今は半分趣味?でこの能力を使っている。





night diver




僕達は夜の世界に潜る権利を得ていた。




昼間とはまるで別の世界がこの世界にはあるんだ。



皆は近未来を見たことは?




空の柱のない道路を車が走る。



巨大なビルが建つ




何かのゲームのような世界。






なぜか?って






技術が進みすぎると問題が起きる。



今の世界を壊すことになるだろ。






だから


各国が別々に世界をもうひとつ作った。



これ以上世界が壊れないように



いろんな理由。



でその世界を渡り、動かす権利を得る者




その一人が





僕である