無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

────





重「、、、なんかあなたが誰かに取られてる気がする

俺のあなたが」










桐「言い直さんでええやろ

俺のあなたなんやから」










中「あ〜、

なんか俺のあなたが他の男と遊んでる時みたいに

嫌な感じする」










神「実は俺もやねん、

ただ違うところは

俺のあなたってところ」










藤「そこは神ちゃんの、やなくて

俺のやけどな」










濵「またかぁ、
あなた〜、俺んとこ戻ってきてやー、」










小「はぁー、

あなたー!お・れ・の!あなたー!!」










7-小「うるさいわ!」










小「みんなもうるさいわ!」





────





相「っくしゅん!

あぁ、誰か噂してんな」










高「誰ですかね?」










猪「メンバーのみんなじゃないですか?」










井「俺もそう思いますw」










相「いやー、ありがた迷惑やね。」










橋「あなたちゃんは愛されてて羨ましいですねー」










相「それも大変やでw

例えばこう言う時に押しかけてくるから」










作「みんなあなたちゃんのこと大好きなんですね!」










相「ん〜w」