無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

桐山side





望に剥がされたあなたを捕まえて










膝に座らせた










相「あきとぉ〜」










桐「ん〜?」










相「あきとすき〜」










桐「、、もっかい言うて!?」










相「あきとすき!」










ちゅっ










桐「!!?」










ほっぺにチューされた、










相「ん?顔赤いで?」










中「あなた!俺にも言うて!」










相「じゅんたすき♡」










中「、、///

俺も好き!」










相「いっしょ〜」










あなたは、絶対キス魔や、










淳太くんにもチューしようとしてる










小「あなた!?

唇なんかより俺にチューして!」










中「唇言うな

なんかって言うな」










相「のん〜

チュー、」










小「あ!ほっぺやなくて口にして!」










重「おかしいやろそれ!」










小「チュー!」










相「ん〜、」










濵「ちょ!はいもう終わり!

あなた寝なさい!」










相「はぁい

はまちゃんだっこして」










濵「だ、だっこ!?」










相「つれてって?」










なんで濵ちゃんなん?










俺は?(泣)