無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

相「ただいま〜」









井「おかえりなさ〜い」









髙「どうしたんすか?」









相「ん〜?

なんかみんなが会いたがってるって話」









橋「仲いいですねやっぱり!」









相「せやろ〜w」









猪「ふとした時に会いたいなんてあんま

ないですよねw」









相「そうねw

まぁ嬉しいけどね」









作「よく一緒に出かけた時の話

聞きますもんね」









相「よく出かけるよ〜

でも先輩後輩とも出かけたいからね〜

今度外遊び行こうか」









髙「いいんすか!」









相「いいっすよ〜

楽しいもんな」









井「あなたちゃんに誘われたら

すぐに予定空けます!w」









相「別に空いてる日でええよ

無理に空けることないでw」









猪「今から楽しみです!」









相「その時は邪魔されんようにしたいな」









橋「邪魔?」









髙「邪魔って何ですか?」









相「うちのメンバーっすね」









作「メンバーっすかw」









相「こないだ雅にぃと出かけた時にもね〜、

6人に付けられてたのよ」









髙「えっ!マジっすか!」









相「マジっすよ〜

ま、心配してくれてるのはありがたいんやけどね」









井「なんだかんだ

大好きってことですねw」









相「そうねw」