無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

来ましたよ
ピンポンピンポンピンポンピンポンピンポンピンポンピンポン










なんやなんやなんやなんや










重岡か?










重岡やなこんなことするやつ










ガチャッ










重「よっ!」










相「よぉ

迷惑極まりないな」










藤「入れて」










相「やだ」










小「なんでぇ!」










相「嘘嘘

はいどうぞ

あ、汚さない 騒がない 物を壊さない」










桐「7人で来ると絶対それ言うなw」










相「言わなきゃうちはもう無くなってただろう」










中「それは言いすぎやろw」










相「いーや

実際なんかしら壊したやつはいる」










重「あははー、

あー、、、、

すいませんでした。」










相「許さん」










重「Σ>─(´・ω・`)→

冷たい、

俺のあなたの目が冷たい、」










相「わしゃ誰のものでもないわい」










小「わしゃ やって!かわええ!♡」










相「そのなんでも可愛いって言うのやめてや

あんま気分良くないわ」










濵「つ」





藤「め」





神「た」





桐「い」





重「なぁ、」










なんじゃその連鎖は










相「練習してきたんかい

別に冷たいまんまでええもん」










中「それでも好きや」










小「どさくさに紛れて何言うてんねん!」










相「うん美味しいよね

すき家」










神「すきや違いやw」