無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第24話

相「ふん

もうしげ知らん」










重「え!?」










相「濵ちゃ〜ん」










重「待って!見せる!

見せるから馬の方は行かんで!」










相「よし」










濵「、、あなた?

俺ただ悪口言われただけやねんけど、、」










重「俺だけの癒しやったのに、、、はい」










相「、、、何これ」










重「あなた」










相「いや、いつ撮ったこれ」










しげの宝(?)写真は










ラッキィィィィィィィ7の私のコスプレ(?)写真










あの〜、あれね










濵ちゃんが農家で〜ってやつ










私はあれのチアガールやったんやけど、










それでふざけてぶりっ子みたいにした時の写真










カメラに向かってやってるから










ちょっと斜めに見える










うん、これは隠し撮りやな










相「キモ、私」










重「キモくないわ!

バリかわええわ!」










小「え、そんなに?

見して!」










重「嫌や!」










小「なんで!?」










相「はぁ、」










小「流星〜!

流星はなんか特別な写真ある?」










藤「特別?」










あ、流星は知ってんな










藤「これ」










小「あ、スっと見してくれるんや

って可愛い!!」










重「何!?

俺も見る!」










藤「は?あかんし

望が見たい言うから見せたんやし」










小「イェーイ俺だけ〜」










重「えええええ(ry」