無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

藤井side





濵「俺やって、イケメンに産まれたかったわ!

なんで馬やねん、(泣)」









相「はまちゃんはイケメンやで」










濵「あなただけやで〜ほめてくれるん〜、」










桐「酔うとあなた正直なるな〜」










藤「あなたこっち向いて」










相「ん?」










藤「チューしよ」










相「ええよ〜」










桐「あなた!?」










相「ちゅー」










思いのほかあなたが素直やったから










嬉しくなってチューしようとしたら、










ガチャっ










小「!!!?」










神「、、、_( _´ω`)_グッタリ、」










小「ゴルァァァァァ!流星!」










相「ふおっ」










望が帰ってきて










あなたを俺から遠ざけた










小「神ちゃんだけでなく流星も何してんねん!」










藤「チューしようとしてんねん」










小「そもそもなんでガミガミガミガミ、、」










あ〜、望めっちゃ怒っとるやん










ま、えっか