無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

出会い
うらたside
あ〜疲れたなぁ。
今日は…バイトバイトバイトか…辛い(´;ω;`)
うらた
うらた
まぁでも、帰ったらみんな話聞いてくれるからね。
あんまデカい声では言えないけど、俺はありがたいことに今世界で大人気の配信者なんだ。

帰ったら、疲れた🥺を聞いてもらおう。
うらた
うらた
リスナーたち、みんな可愛いんだ💚
さ、今日もがんばろ!
俺はバイト先に向かった。
うらた
うらた
ら〜ら〜ら〜ら〜ら〜♪
ら〜ら〜ら〜ら〜ら〜ら〜♪
鼻歌を歌いながら道を歩いている。
と、曲がり角で…
うらた
うらた
痛!
誰かとぶつかった。

3人組のようだ。紫と赤と黄色髪…
うらた
うらた
ごめんなさい…前見てなくて…
???
大丈夫ですよ。こちらこそごめんなさい。
あれ、この黄色の人…どっかで見たことある…?
うらた
うらた
あの…どっかで会った事ありますか?
???
え…?ごめんなさい、覚えてないです…
うらた
うらた
そう…ですか…ごめんなさい。
あったことある気がしたんだけどなぁ。
あ、また配信のネタできた!
うらた
うらた
では…
???
はい。
まぁいっか。早くバイト行こー
センラside
坂田
坂田
朝っぱらからぶつかる相手が俺らってついてないねーあの子。
坂田がニヤッと笑いながら言う
志麻
志麻
センラだからマシやない?坂田がだったら即抱きでしょ?
坂田
坂田
まぁね〜って、センラ聞いてるー?
センラ
センラ
あの子…どっかで…
坂田
坂田
何?ほんとにあったことあんの?
志麻
志麻
俺ら見た事ないよー。
センラ
センラ
いや、気の所為かもしれん…
坂田
坂田
てかさ、今思ったんやけど、あの子最近人気の配信者やない?うらたぬきっての。
志麻
志麻
あ〜声聞いたことあると思ったら!
坂田
坂田
…まーしぃ、センラ。
志麻
志麻
次はあの子?
センラ
センラ
…ええんやない?
顔を見合わせて頷いた
鼻歌を歌いながら歩いてる彼を後ろから尾行することにした。