無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

M字開脚
うらたside
うらた
うらた
センラ。おはよう。
センラ
センラ
あぁ。おはよう。
あの二人はたまにしか来れないらしい。
だから、センラは俺の世話役に抜擢されたらしい。
うらた
うらた
隣きて。
センラ
センラ
ええよ。
ベットに座るセンラ。その肩に頭を寄りかからせる。
うらた
うらた
…やっぱり、センラだと落ち着くな。
センラ
センラ
そ。
頭を撫でられて、少し笑顔になる。
うらた
うらた
ねぇ…今日は坂田たち来んの?
センラ
センラ
来るって言ってた。
トントントン
センラ
センラ
ヤバっ…うらた、転がって。
うらた
うらた
う、うん。
センラ
センラ
手錠かけるね。
うらた
うらた
わかった…
センラ
センラ
衰弱してる演技して。
うらた
うらた
うん。
坂田
坂田
せんらー?
センラ
センラ
ごめん。遅くなった。
坂田
坂田
ほぉ。結構弱ってんじゃん。
うらた
うらた
ううっ…
志麻
志麻
うらたー?ペチペチ
うらた
うらた
うっ…
坂田
坂田
さぁてと…今日はいいもの持ってきたんよー。
坂田が取り出したのは、M字開脚に固定する道具。
坂田
坂田
志麻。うらたの下ぬがして。
志麻
志麻
はいはーい
うらた
うらた
んやっ…////
坂田
坂田
さ、固定固定。
坂田
坂田
これで玩具をつけると。
0→5
うらた
うらた
ンアアアアアアアア////イクっイクゥっ♡♡♡
ビュルルル
坂田
坂田
コックリングつけて。
志麻
志麻
はい
うらた
うらた
んんっ...///
坂田
坂田
5→7
うらた
うらた
んああっ♡あぁんっ////イってる〜♡イッてるのにでなァい♡♡♡♡
坂田
坂田
空イキって知ってる?
坂田
坂田
女の子やねぇ。うらた?
うらた
うらた
ぁあんっ♡♡♡♡
センラの方を見ると、気まずそうに目を逸らした。
センラ
センラ
(ごめん…うらた)
うらた
うらた
(センラ…)
坂田
坂田
そろそろいーかな?
坂田
坂田
7→10
うらた
うらた
ひゃぁぁぁっ////んんあっ!♡いやぁぁぁ///
うらた
うらた
ビクビクビク
坂田
坂田
止めよ。
うらた
うらた
はぁっ////
坂田
坂田
コックリングは…とるか。
志麻
志麻
はーい。
うらた
うらた
ひゃうっ////
ビュルルルルルルルル…
志麻
志麻
盛大にイったね〜
うらた
うらた
あっ…つぅ…♡
志麻
志麻
坂田♡今度俺にもこれ使って?
坂田
坂田
ふっ、Mやねぇ。ほんとに。
バタン
センラ
センラ
うらた…
うらた
うらた
センッ…ラァ…
センラ
センラ
辛かったな。辛かった…
体をビクつかせながらセンラの温もりを感じていた。