無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

計画
坂田side
志麻
志麻
ねぇ坂田?
坂田
坂田
何?
俺の腕枕に頭をのせる志麻が猫なで声で言う。
志麻
志麻
うらたのことどうするつもり?俺みたいにするつもり?
そう、志麻はうらた同様、俺らに性奴隷として連れてこられた。
ちょっと優しくしただけで俺の事好きになっちゃったみたいで今は俺の可愛い雌。
坂田
坂田
はっ、お前みたいなのはお前だけで十分だよ。
志麻
志麻
ほんとー?
志麻が俺の上に跨り胸に頬を当てて上目遣いで見つめてくる。
志麻
志麻
ならさ〜もっかいチュッてして?
坂田
坂田
ええよ。
チュッチュパッジュッ
志麻
志麻
んへへ〜
坂田
坂田
うらたはな、センラの本性を暴くため・・・・・・・に連れてきたんよ。
志麻
志麻
本性って?
坂田
坂田
あいつ…裏で何かと動いてるらしいからな。
志麻
志麻
俺が色仕掛けしようか?
坂田
坂田
あいつはお前がどんなやつか知ってるだろ?無理無理。
それに、お前は俺以外に抱かれないだろ?
志麻
志麻
まぁね〜♡
坂田
坂田
だから、うらたを使うんよ。
坂田
坂田
うらたを使えば…あいつの裏をつける。そうしたら…あいつの目の前で、うらたを犯してやる。
坂田
坂田
どうせあいつは、うらたのことを大事にするだろうからな。
志麻
志麻
決まり事だもんね〜。
奴隷には肩入れしちゃダメって。
志麻
志麻
俺は自分から来たけどね♡
坂田
坂田
底を突くんよ。
志麻
志麻
そしたら…うらたのこと好きに使っていい?
志麻
志麻
センラを陥れたあと。
坂田
坂田
何に使うん?
志麻
志麻
ストレス発散〜
坂田
坂田
死なない程度にね。
志麻
志麻
坂田〜もっかいヤローよ。
坂田
坂田
ええよ。