無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1
2020/09/27

第8話

それからの日々
何とか家にたどり着いた。
一応、リーダーにはLINEでスタンプを送った。
彼からは何もこない、わかってたけど。
思ったよりも大好きだったんだなと気付いた。
そして、失ったものの大きさを痛感した。
しばらく、携帯電話の電源を落とした。

でも、仕事があるから、朝になったらまた電源を入れて、LINEを見ないようにした。

次の日から、仕事と家の往復。
何も食べることが出来なくなって、何もする気がなくて、仕事以外は家でただ寝てるようになった。
着信の数が三桁を超えた。

何とか仕事だけは出来てた。
こんな時に限って、忙しかった。

しばらく経った頃。
今度は仕事の打ち合わせでラジオ局に行くことになった。