無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

3
2020/09/18

第2話

ラジオ番組の後、ファミレスにて
帰り道、コンビニに寄るとLINEの着信。
『まこちゃん、今、どこにいる?』
「今?コンビニにいるよ。」
『今から、ここに来て。』と位置情報が送られてきた。
ほど近くのファミレスだった。
わかったよと送って、向かった。

「着いたよ」とLINEを送ると、
『中にいるから、入ってきて。』ときた。

ファミレスに入ると、
「あっ、来た。こっちこっち。」
彼ともう一人、いるようだ。
「どうしたの?」
と言いながら、座って彼の隣を見ると…。
「あっ。」
「さっきはどうも。」
「こ、こちらこそです。」
「どうしたの?」
「ごはん二人で食べに行くことになったから。呼んだら?って言われたの。」
「俺の推しだからね。」
「あっ、ありがとうございます。」

「まこちゃん、何か食べる?」
「ううん、ドリンクバーだけでいいかな。」
「じゃあ、注文するね。」

「僕もおかわりするから持ってくるよ。いつものでいい?」
「うん、ありがとう。」

「ごめんね、少し無理にお願いしたんだ。明日、仕事だよね?大丈夫?」
「あっ、大丈夫です。今日はありがとうございました。ご迷惑じゃなかったですか?」
「全然、こちらこそありがとう、まこちゃん。」
「あっ、名前呼んでもらっちゃった。嬉しいなぁ。」

「はい、まこちゃんはいつものジンジャーエール。」
「ありがとう。」
推しの隣ではなく、こっちの隣に座る。
いたって自然に。

「忙しくない?大丈夫?」と彼が私に聞く。
その様子に推しは少しびっくりしてた。
「うん、仕事は一段落してて。」
「そっか、よかった。」
「なんなら明日半休とる。」
「じゃあ、少しは長くいられる?」
「大丈夫。」
「いつから会えなかった?」
「うーん、私も忙しかったし。1ヶ月くらい?」
「そっか、そんな会えてなかったのか。」
「拗ねて既読スルーしてたやん。」
「ごめんなさい。」
「まあ、いいよ。」

「なんか、微笑ましいし、なんなら、お前がリードするんだな。」
「そうかな?まこちゃん。」
「うん、リードするのは彼の方。」
「まこちゃんも楽しそうだね。」
「楽しいし、笑顔でいられるから。」
「でも、推しは俺なのは変わらないの?」
「…はい。多分、そう簡単には無理かな。」

「半年前って言ってたけど、出逢ったきっかけは?」
「後輩の無茶なお願いを聞いたこと。」
「後輩?」
「会社の後輩から、彼を送ってほしいって。」
「送る?」
「はい、集合時間に間に合わなくて、会場まで。」
「あっ、石川県の時?」
「そうです。」
「そのときに仲良くなって、半ば強引に付き合ってってお願いしたんだ。」
「彼が推し変しなくてもいいよって言うから。」

「ってか、石川県まで何時間かかる?そこまで送るって、車好きなの?」
「石川県まで三時間少しきるくらい。運転はまあ好きで、石川県は実家だから何回も走ってるからだよ。」
「そうそう、そういえばあの後、石川県へドライブ行けてないよね。」
「そんな約束したね。行こうね。」
「うん。」

「でも、推しはかわらないんだね。」
「うーん、推しだとプライベートでもいい写真撮れたら、見せたくなる。顔面国宝はみんなで愛でてなんぼじゃないかな?と思う。本人いる前で言うことやないけど。」
「そういうことなの?」
「うん。だから、彼を一番の推しにはできない。彼のプライベートの姿は見せたくないかな。」
「そういうことか。だから、推しは変わらないって。」
「うん。」

「たとえば、こうやってごはん食べてるとして、彼とは一緒に写真撮って、もちろんそれは出さないし出したくないけど、推しのなら推しだけ撮って『みてー!」って出したくなるかもなって。」

彼はびっくりした顔してる。
「えーっ、知らなかった。」
「言ったことなかった?」
「うん、全然。」
「だから、推しは変わらないと思うんだけど、いい?」
「いいよ。最初の約束、守ってくれてんだね。」
「うん。」

「最初の約束?」
「そうなんだ。最初に『推しは変わらなくてもいいけど、プライベートは僕だけ見てて。』って。」
「お前が言ったの?」
「うん。」
「信じられない。」
「自分でも何で言ったかわからないんだけどね。」

「あの時、恋愛ポンコツって嘘やんって思ったんよね。」
「あれは神懸かりだった!」
「自分でも何で言ったかわからないって言うの。」

「それ、騙されてるんじゃ…。」
「そうなの??騙されてんのかな?」
「騙されてるって。じゃあ、俺のところ来る?」
「行こうかな…。」
「うんうん、俺はウェルカムだよ。来る?」
「やばいやばい。推しにそんなん言われたら、行く。嬉しくて泣いちゃう。」
顔が赤くなってもうた。
「俺、割と本気だけど。」
「えーっ、本当に私でいいんですか?」
「もちろん、喜んで。」
「じゃあ、よろしくお願いします。」
と二人でニコニコしてると。

「嫌だ、冗談でも嫌だ。僕のことだけだって。」
テーブルの下で手をぎゅっと握ってくる。

「推しに言われるとね…冗談ってわかっても、コントは続けなくちゃ。」
「そうだよ。空気読んでるよね。」
「そうですか?」
「うん。それにくらべて、お前はマジやん。」
「いやいや。駆け引きもスパイスも何にもいらないよ。単純明快が一番だって。」
彼が繋いだ手を離したけど、次は指を絡めてくる。
なかなか離してはくれない。

「思ったより愛されてんだね、まこちゃん。」
「はい…照れますね…。」

「俺が言ったことも一応心に置いといて。」
「えっ?」
「こいつに負けたくないし。」
「はぁ?」
「俺、まこちゃん好みだけど。」
「いやいや、ご冗談を。」
「じゃあ、友達くらいから。」
「それなら、よろしくお願いします。」
「まこちゃん…。」
泣きそうな顔してる彼。

「まこちゃんだけは絶対に嫌だ。」
「そんなん、冗談に決まってるのに。」
「でも、嫌なんだって!」
「わかった、わかったよ。ね、まこちゃん。」
「ごめんね。」
拗ねてる彼を頭撫でて、手を繋ぐしか出来なかった。

「ちょっと、トイレ行ってくる。」
彼が席を離れた時。
「まこちゃん、連絡先教えて。」
「えっ、あれ本気だったんですか?」
「いたって本気。はい、LINE。」
「LINEなら…。」
こっそり交換した。
まぁ、他にも交換してるからいいかな。
そして、登録名を替えた。

「まこちゃん、次は何飲む?」
彼が戻ってきた。
「あっ、ぶどうジュースがいいな。おねがいしてもいい?」
「うん、待ってて。」

ジュースを取りに行ってる時。
「まこちゃん、これからどうするの?」
「車ですよね?彼、どうしますか?私が彼、送っていきましょうか?」
「じゃあ、お願いするわ。また連絡するから。」
「はい。」
「顔、赤いよ。」
「ちょっと照れます。」
「そっか。」
「意外にチャラいんですね?」
「そうかな?」
「絶対にそう!」

二人で話していると彼が戻ってくる。
ぶどうジュースを持ってきてくれた。
「ありがとうね。」
「いいよ。」
「いつもそんな感じ?」
「すごく気を遣ってくれますね。」
「そうなんだ、意外。」
「僕がやれることをやってるだけだし。」
「いつもありがとね。」
「ううん。」
「お前、大好きなんやな。」
「うん。」
「俺、そろそろ帰るけど、どうする?」
「まこちゃん、送ってくれる?」
「うん、いいよ。」
「じゃあ、二人でごゆっくり。」
手を振って別れた。