無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

20話 おばさんの誕生日プレゼント
風晴君と初めてキスを
した日から4日後____とある日
はるな あまね
はるな あまね
ねえ、陽咲さん
なるみや ひなた
なるみや ひなた
ん?
学校モードの、周ちゃんに
声をかけられた。
はるな あまね
はるな あまね
今日、母さんの誕生日で、プレゼント
選ぶの、一緒にしてもらえないかな?
なるみや ひなた
なるみや ひなた
おばさんの?でも・・・
私は、無駄に周ちゃんに近づかない
事を、風晴君に心配だと言われた日に
考えた。
なるみや ひなた
なるみや ひなた
ほ、他の人にお願いできるかな?
私は、周ちゃんに背を向ける。
はるな あまね
はるな あまね
女の子の考えとか、参考にしたかった
だけなんだけど・・・
はるな あまね
はるな あまね
そっか、わかった。ごめんね
わかったと言っているのに、周ちゃんは
その場から動こうとしない。
なるみや ひなた
なるみや ひなた
あ、周君!
はるな あまね
はるな あまね
ん?
なるみや ひなた
なるみや ひなた
はあ、ちょっとだけね。
はるな あまね
はるな あまね
うん!
おばさんには、お世話になってるし、
たしょう感謝を込めて、私も周ちゃんの
プレゼント選びに協力することにした。
放課後____
はるな あまね
はるな あまね
どこのお店から、見たらいい?
なるみや ひなた
なるみや ひなた
えっと、ここからだと
ハニハニっていう、雑貨屋が・・・
私がスマホで、場所を調べてると
周ちゃんが、うんうんと、横から
覗き込んできた。
なるみや ひなた
なるみや ひなた
ち、近い!!
はるな あまね
はるな あまね
あ、ごめん。近かった?
はるな あまね
はるな あまね
陽咲といると、距離がわからなくなる。
なるみや ひなた
なるみや ひなた
も、もう、私たち
子供じゃないんだから、
ちゃんと考えて!
すると、周ちゃんは、クスッと
柔らかく笑った。
はるな あまね
はるな あまね
そうだね、僕たち、もう
子供じゃないよね。
はるな あまね
はるな あまね
それって、つまり
僕のこともそう見えてるの?
なるみや ひなた
なるみや ひなた
はい?
はるな あまね
はるな あまね
ううん、なんでもない。
ダメだ、このまま
周ちゃんのペースに巻き込まれたら、
変な誤解をうみかねない。
なるみや ひなた
なるみや ひなた
周ちゃん、私ね
なるみや ひなた
なるみや ひなた
彼氏ができたの
なるみや ひなた
なるみや ひなた
だから・・・
はるな あまね
はるな あまね
へー
はるな あまね
はるな あまね
どんな人?
なるみや ひなた
なるみや ひなた
どんなって
はるな あまね
はるな あまね
写真見せてよ
なるみや ひなた
なるみや ひなた
写真?
はるな あまね
はるな あまね
普通撮るでしょ?彼かのなら
そういえば、ほぼ学校で
会える中だから、ツーショットとか
持ってなかったかも・・・
なるみや ひなた
なるみや ひなた
も、持ってない。
はるな あまね
はるな あまね
へえ、それでもカップル
成立してるんだ?不思議
なるみや ひなた
なるみや ひなた
成立してるもの・・・
はるな あまね
はるな あまね
本当に成立してる?
どうして、そんなこと言うの?
なるみや ひなた
なるみや ひなた
周ちゃん、変だよ
周ちゃんは、笑うのをやめると
私の前に立った。
はるな あまね
はるな あまね
気づくの遅すぎ・・・でも、もうダメ
逃さない。
なるみや ひなた
なるみや ひなた